FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
スイーツ講座 2012年7月
今月のスイーツ講座は・・・
ドルチェ・ポンテベッキオさんでした。
グラス

シェフのパフォーマンスがよく見られるように(?)
カウンター席でワクワクしながら待っていたら・・・
風景

まずはフレッシュハーブティで迎えていただきました。
最初ワイン?と思いましたが、
レモングラススペアミントとお水です。
とってもシンプルだけど、暑さがす~っとひくというか
夏にぴったりの飲み物でした(*^^)v
飲み物


さて、「お品書きは?」とテーブルの上を探しましたが、
いろんなどっきりの仕掛けがあるとのことで、
講座が終了するまでおあずけです


一皿目
レイニエチェリーの生ハム巻き 一口パッリーナと
スイートコーンのピュアな冷製スープの2種盛り

コーンスープ
左のコーンスープはとうもろこしの芯から出汁を取ったもので、
乳製品は一切入ってないそうです。
なのに、本当に甘くて美味しかったです♪

右の何か丸いものがお皿にのっていますが、
最初何か出てきたのかわかりませんでした。
こちらアメリカンチェリーの種を取り
そこにパルミジャーノのブロックを詰めて、
刻んだルッコラと共に
パルマ産生ハムで巻いたものです。
一口でパクっと食べて下さいとのことだったので、
一口でいただきましたが、
チェリーの甘味、酸味とハムの塩気がいい感じでマッチ

こちらが最高級と言われるアメリカンチェリー(レイニエ種)です。
想像以上に大きく、色が淡いですね。
さくらんぼ


さて、ここからシェフのパフォーマンスが始まります。
何だか大きなものを抱えてこられました。
紹介遅くなりましたが、こちらは浅井シェフです。
イケメンですね~
シェフ

何とこちら液体窒素です。
初めてみます
とりあえずポットに移し替えます。
シェフ2

桃をコンポートした後の液が入ったボウルに
贅沢にもシャンパンを注ぎ入れていきます。
(※ボウルの厚みが半端なかったです)
シェフ3

液体窒素を注ぎ入れると・・・け、け、煙が~
シェフ浦島太郎みたいにお爺さんにならないでね。
シェフ4

液体窒素を入れては混ぜ、入れては混ぜを繰り返すと
桃のシャーベットが出来上がり♪
シェフ5

ほら、ピンクのシャーベットがとっても美味しそう(*^^)v
こうやって作るとより滑らかに仕上がるそうですよ。
シェフ6

で、この桃のシャーベットを使ったのがこちら。
二皿目。
山梨産プレミアムピーチのコンポート
ソルダムのスープとシャンパンのソルベットを添えて

桃
もう何も言えません。
桃は本当にさっと火を通しただけのフレッシュ感溢れる味でした。
コンポートは白ワインとはちみつを加えているそうです。
下に敷いたソルダムのスープはフレッシュのソルダムを潰しただけ。
いい感じの酸味でさっぱりしてました。
私だったらレモンを加えるところですが、
こんな酸味の加え方もいいな~


次のドルチェに移る前に何やらフルーツが目の前に。
こちら佐渡島のイチジクです。
キング種という1週間から10日ぐらいしか採れない
貴重なものらしく、なかなか口にすることはできないそうです。
いちじく

輪切りにしてラム酒とシロップでマリネしておきます。
いちじく2

三皿目。
焼きたてクリームチーズスフレ
新潟佐渡のイチジク(キング種)と
マスカルポーネのムース添え

三皿目
熱々の出来立てスフレと冷たいイチジクのマリネ&シャーベット、
ムースが最高に美味しかったです♪
ちなみに下に敷いたソースは
いちじくの皮をオーブンで焼き、
赤ワインとはちみつを加えてソースにしたそうですよ。


四皿目
シチリア、ブロンテ産ピスタッキオのトルタアルブッロ
バニラジェラートと

パウンド
きれいな色のパウンドケーキです。
コクがあって、まったりとしたお味でした。
すごく贅沢ですね。
上のバニラアイスも美味しかったですよ


飲み物は紅茶やコーヒーからチョイス。
紅茶葉は天然のアロマ使用とのことで、
こうやってサンプルの香りをテイストできることもできます。
紅茶

飲み物はアイリッシュモルト ロイヤルミルクティーをチョイス。
ちょっとクセがあるけど、私の好みです(*^^)v
紅茶 2


本日の主役たちです。
シェフはパティシエではなく、料理人ということで、
料理人の感性からドルチェを作っていっているということです。
新鮮な季節の果物に化学的手法を加えて、
とびっきりのスイーツに変身させています。
今度は秋?それとも冬?
また違った季節に訪問してみたいです。
果物

ユキちゃん今回も本当に堪能できました(^_-)-☆
いつも素敵なお店を紹介してくれてありがとう
スイーツ講座 2012年5月
今月のスイーツ講座はパティスリー訪問!
というわけで、神戸・六甲道にある
イタリア菓子専門店プルチーノさんにお邪魔してきました(*^^)v
看板

イタリア菓子専門店ってなかなかないですよね。
とっても可愛らしいお店でした♪
お店
ショーケース

まずはスフォリアテッレから!
すふぉ
すふぉ2
はまぐりみたいな形が愛らしいですね♪
日本では販売されているところは少ないようですが、
大好きなお菓子です

こんな形状のお菓子をどうやって作っているのか
聞いてみたところ、
生地をうす~く延ばしたところにラードを塗り、
くるくると巻いていって、適当な厚さでカットします。
そして、巻いた中心部から指で押しだしていくと
こんなきれいなひだのような層ができるそうです。
そして押し出したところに
本場はリコッタチーズを入れるそうですが、
こちらではリコッタチーズに更に
アーモンドクリームも入れているとのことです。
パイとも違い、パリパリとした絶妙の食感です。
残念ながら暑い季節は作業が難しいとのことなので、
秋までお休みみたいです。

このお菓子の説明ですが
スフォリアテッラまたはスフォッリャテッラ
(sfogliatella)は、
イタリア、ナポリ地方の名物の焼き菓子。
その名称はイタリア語で"ひだを何枚も重ねた"
という意味を持つ。
アマルフィ地方の修道院が発祥であるとの説がある。
スフォリアテッレ(sfogliatelle)は複数形。
貝殻をかたどったひだが何層もある
パイ状の生地の中にリコッタチーズ、
カスタードクリームやアーモンドクリーム等を入れ、
オーブンで焼き上げる。
パリパリとした非常に硬い焼き上がりとなるが、美味。
ナポリ以外でもイタリアを代表する菓子として
高級レストランのデザートなどに登場する。
(ウィキペディアより)



その後は・・・
イタリア菓子一気盛りです(決してそんな名前ではないですが)
皿
皿2
時計回りに・・・
ソフトクリーム
コロンバ(オレンジピール入り)
 コロンバはイタリア語で鳩を意味します。
 イースターに食べられるお菓子みたいです。
パネトーネ(ドライフルーツ入り)
 クリスマスに食べられるパンです。
 パネトーネ菌が使われているので、
 そのせいで長期保存が可能らしいですよ。
 何だか簡単に作れるのかと思っていましたが、
 パネトーネ菌の扱いが難しいとのことで、
 イタリアでも家庭で作られることが少ないようです。
苺のティラミス
ズコット
 チョコクリームとヘーゼルナッツクリームの層になってます。
 クリームにはトリノのヘーゼルナッツのペーストや
 シチリアのピスタチオ、キャラメリゼしたアーモンドなどが
 入っていました。
パスティエーラ
 ナポリ地方の郷土料理で、イタリア版チーズケーキ
 らしいです。
 プチプチ感のある麦やドライフルーツ、リコッタチーズ
 が焼き込まれてます。
 とっても素朴で食べやすかったです♪
カンノーり
 シチリアのお菓子として有名です。
 パスタ生地で作られ、
 リコッタチーズ、カスタード、オレンジのはちみつ
 ドライフルーツが入ってます。
 
どのお菓子も見た目の派手さはないけれど、
どれもこれも素朴で味わい深いお菓子でした。
何だか懐かしいような気持ちにさせてくれましたね。


では、こちらのお店の説明です。
2006年9月23日、辻調の同期である木下美保と安川美穂が、
共同で新たな店をオープン致しました。
店名のpulcino(プルチーノ)は、イタリア語で"ヒヨコ"の意味。
店内は、黄色を基調としたポップで明るい雰囲気です。
お菓子のラインアップは、イタリア地方菓子から馴染みある
生菓子・焼き菓子と、幅広くご用意しております。
店内はスタンディングのカウンターの他、
オープンテラスもありますので、お気軽に立ち寄って、
お菓子とカフェをお楽しみください。
皆様のお越しをお待ちしております。
(お店のHPより)



ユキちゃん今回も素敵なお店を紹介してもらって
ありがとう
とっても楽しい&美味しい講座でした~♪



プルチーノ (Pulcino)
TEL 078-856-0777
住所 神戸市灘区森後町1-3-19
   リトルブラザーズ六甲ビル 1F
営業時間 11:00~19:00
カフェラストオーダー18:30
定休日 毎週月・火曜日

スイーツ講座 2012年4月
スイーツ講座の記事をUPしたばっかりですが、
やはりすぐに書かないと忘れてしまうので、
早速書きますね~(*^^)v

今月のスイーツ講座はお取り寄せ♪
で、テーマは桜スイーツでした

桜スイーツと聞いて・・・
想像したものは桜餅でした(言わなかったけど
そんなに桜スイーツってあるのかしら?と思ってたら、
こ~んなにも素敵なスイーツが揃ったんですよ
全体



桜のクグロフ
南青山レストラン ランベリー
クグロフ
クグロフ2
一般的なクグロフは、アーモンドやドライフルーツ入りの
オーソドックスなものだが、
ランベリーでは、厳選した国内産小麦や和三盆糖を使用。
イチゴのセックやキャラメリゼしたクルミ、
さらには桜の花の塩漬けを生地に贅沢に混ぜ込み、
希少な静岡県産の桜の葉で包んで仕上げている。
(net記事より抜粋)

見た目のインパクト大でした~!
特に張り付いた桜の葉に釘付け
どうやって張り付けてるんでしょうね~???
味はどうなの?と恐る恐る食べてみたら・・・
何とこれが美味しいんですよ♪
クグロフのような、パウンドケーキのような、
とってもリッチなお菓子でした。
ちなみにランベリーはミシュランの☆レストランらしく、
お料理もとっても美味しいそうです


¨桜¨スイーツ
サクラスイーツ
桜チーズ
チーズケーキ2
毎年2月になると京都丹波の生産者から届けられる「丹波の黒豆」。
富山湾の海洋深層水と深層水の塩で、
2日間まろやかに煮込んだ黒豆をタルトに敷き、
その風味を余すことなくいかすよう、
煮汁もチーズケーキのアパレイユに加えています。
仕上げに信州長野県産八重桜の塩漬けをのせて焼いたケーキは、
ほんのりとした桜の香りと塩味がチーズのコク、
旨味と重なり合ったふくよかな味わい。日本の春を表現した
“桜”スイーツを、どうぞお召し上がりください。
(お店のHPより)

サクラスイーツって本当にお店の名前なんです。
他にサクラじゃない商品もあります。
見た目がとても可愛いですよね♪
女の子(年齢は幅広いかも)にはいいんじゃないですか



桜のロールケーキ
グーテ・ド・ママン
ロールケーキ
桜の季節限定のロールケーキです。
抹茶クリームと自家製小豆、
生クリームを桜の花の香りのロール生地で巻きました。
(お店のHPより)

可愛い~♪
まさしくの上で桜の花びらが舞ってますね。



櫻カステラ(舞)
ZEN花抄院
カステラ
京都のお店だそうです。
しぶ~い感じのカステラに仕上がってます。
桜の葉が入っていて、塩気がいい感じです。


桜スイーツと一口に言っても、
いろんな捉え方があるんだな~っていうのが感想です。
確かに桜の味って抽象的ですよね。
桜の葉っぱの味、桜の花の味、淡くて
捉えどころがなくて・・・。
本当にお口の中で追っかけても逃げてしまうって感じかな?
その分目で楽しませてくれるのかもしれませんね。


盛り
写真を撮ったりした後はお楽しみの試食♪♪♪
一人一人こ~んなにてんこ盛りだけど、
みなさんあっという間に完食です!(^^)!
スイーツ話やスイーツとはまったく関係ない話やらで
大いに盛り上がり、今回も楽しく参加できました
ユキちゃん今回も美味しい&楽しい講座ありがとう
スイーツ講座 2012年3月
これまた先月のことになりますが、
スイーツ講座行ってきました(*^^)v

3月はパティスリー訪問ということで、
菓子Sパトリーさんへ。
神戸:三ノ宮のホテル内にある、
コンフィチュールで有名なお店です。
こちらで作られている「ミルキッシュジャム」
モンドセレクション6年連続金賞を受賞しています

今回のテーマはレモンでした☆☆☆

日本のレモンと言えば・・・瀬戸内という
イメージが強かったのですが、
今回のレモンは何と淡路島産です。
淡路島の平岡農園さんで栽培されている
アレン・ユーレカ種という品種だそうです。
果肉が分厚くて、昔のレモンって感じですね。
シェフ曰く「香りに惚れ込んだ」とのことですが、
本当に透明感があって爽やかな香りでした。
レモン


まずは、レモンのジュレと苺
ジュレ
凝固材はゼラチンでもなく寒天でもなく、
アガーを使ってました。
そのせいかとろんとろんとした独特の食感があり、
するするっと口の中を通っていきます。
レモンも酸っぱいんだけど、とんがってないから
とても食べやすいんですよね。
苺というまた違った酸味を加えることにより、
レモンの酸味が際立っていました。


レモン風味のスフレ・フロマージュとレモンとバジルのソルベ
パトリ
左:チーズケーキ
中:レモンのマーマレード
右:レモンとバジルのソルべ
チーズケーキは昔懐かしいスフレタイプ。
レモンのマーマレードは贅沢にも作りたてをいただきました。
レモンとバジルのソルべは本当に爽やか~
下には苺やパイナップルが敷かれてます。


ビスキュイショコラ、ムースショコラ、パルフェシトロンの組合せに
ノワゼットとレモンクリームやジャムを添えて

パトリ3
う~んと、組み立てはそのまんまです。
ほろ苦いショコラとの相性はもちろん素晴らしかったです 
 
 

マドレーヌとレモンピール
パトリ4
マドレーヌはしっかりと焼きこんだ感じ。
レモンピールは初めていただきます。
オレンジよりも更にビター感があって好きかも♪



お土産はこちらいただきました
ミルキッシュ・ショコラシトロン
パトリ6
袋可愛い(^_-)-☆


で、自分で買ったお土産はこちら。
左:苺とミルキッシュ・・・最近こんな二層のジャム流行ってるのかな?
右:きなこ・・・丹波の黒豆入り。
パトリ― ジャム
どちらも本当に美味しかったです♪


こちらの名物:長すぎるエクレア
袋にメモリまでついてますよ~
エクレア

食べ応えもあって美味しかったです☆
エクレア2


本当に一度お店の方に足を運んでみて下さい。
もう沢山のいろんなコンフィチュールが揃ってます。
もちろん味見もオッケ~
確かネットでも購入できると思いますよ!!
今回も大満足なスイーツでした♪
ユキちゃんいつもありがとう


菓子s パトリー
TEL 078-272-3366
住所 神戸市中央区二宮町4-20-5 ホテルピエナ神戸 1F
営業時間
[月~金]10:00~19:30(L.O.)
[土日祝]9:00~19:30(L.O.)
定休日 年中無休

スイーツ講座 2012年2月
今月も行ってきました~♪
2月ですもの、テーマはやっぱりこれでしょ。
バレンタインショコラ

今回もすごいラインナップでしたよ(*^^)v
全体
で、また後日詳しく書くとして、
とりあえずいただいたものなど・・・。

セバスチャン・ブイエ
ブイエ

:≪フルール・マカリヨン≫
マカロンをショコラでコーティングしたスぺシャリテ。
お花の色によって、フレーバーが異なります。
ブイエ2
ブイエ3


パティスリー STOVE
ストーブ

トリュフ、オレンジピール、ドライフィグ
ストーブ2
オレンジ、フィグ共にかなりソフトな食感でした。
私初めてこちらのお店を知ったんですけど・・・
今回私的にはこちらのお店がが一番印象に残りました。
秋田にすごいパティスリーがあったんですね。
お店&シェフ共にもっと知りたいと思います。
HPがあるので、興味のある方一度見てみて下さいね!!


ゴディバ
秘密のアッコちゃん

キラキラのコンパクトを開くと
素敵なチョコがぎっしり♪
友チョコか自分チョコにぴったりかも
ゴディバ


ラデュレ
ラデュレ

相変わらず乙女な感じですね~
チョコの中身は・・・
苺のコンフィチュールをサンドしたマカロンを
チョコでコーティング(*^^)v
甘酸っぱいがキュンって感じでした
ラデュレ2


ジャン・シャルル・ロシュー
≪カルーセル≫
けずり
カルーセルとは回転木馬という意味だそうです。
京都の伊勢丹で見かけて、食べてみたかったというか
削ってみたかったんですよね。
削るのはけっこうコツがいるんですが、
パーティーなどでこんなのが出てきたら、
すごく盛り上がりそう
もちろんチョコも美味しかったですよ♪


アカシエ
≪シュケット・ショコラ≫
シュケット
シュケットか~と思っていたら、
こちらちゃんと中身も入ってるんです。
濃厚なチョコクリームがインして、
かなりのリッチテイストです
手が止まらなくなりそう~


パリセヴェイユ
パリセヴェイユ
すごくスパイシーなケーキです。
そのままでも、温め直しても良いそうですよ!
パリセヴェイユ2


そんなこんなでチョコをいただきながら、
しばしスイーツトークで盛り上がり(*^^)v
今回も素敵なスイーツに出会うことができました。
ユキちゃんありがとう
ティータイム