FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
JINYA’s CAFE のバウムクーヘン
豚まんだけ買って帰るはずが・・・
出入り口のところに何だかおいしそうなものが。

じんやカフェ

バウムクーヘンのカット売りをしていました。
ここの名前はどこかの雑誌で見たことがあるぞっと
思わず買っちゃいました。

バウム アップ

で、結果は大当たり
袋から出すとすごい良い香りが
味も卵の味がしっかりとしてて、
あとをひく美味しさ♪

バウム フォンダン
バウムのまわりのフォンダンもしっかりと甘くて
おいしい!

バウム カット
あ~やっぱりバウムクーヘンって好きだわ。


JINYA’s CAFE

住所 京都府京都市伏見区納屋町118
TEL 075-622-4440
スポンサーサイト



豚まん
講習会の帰り、やっぱり無視して帰ることは
できませんでした

蓬莱の豚まん
蓬莱の豚万

今はどこでも買えるのかな?
昔働いていた頃東京の本社から出張してきた
人が必ず買って帰ってたなあ。

豚まんの箱の中身
一個がかなり大きいので、
一個食べるだけでお腹いっぱい!
でも、私は3個ぐらい平気なんだよね~。

豚まんの中身
中の具もたっぷりです。
あ~おいしかった
多田征二さんの講習会
以前から興味を持っていた
パティシエさんの講習会に行ってきました。

そのパティシエさんとは多田征二さん。
神戸にあるイグレックプリュスの
シェフパティシエをされている方です。
多田シェフ

以前作られたケーキを見て一目ぼれをしたというか
何てキュートなケーキなんだろう、
こんなケーキを作った人ってどんな人なんだろうって
ずっと思ってました。
イグレック マンゴ ケーキ
ね、可愛いでしょ。
乙女心を鷲掴みって感じで。
男性の方がロマンティストなのかな~。

さて、講習会で習ったのはこちら二品。

スフレ・ショコラ・テ・ヴェール
抹茶完成品
テ・ヴェールとは抹茶の意味。
ガトー・ショコラのホワイトチョコバージョンって感じ。
焼きたてだったのでホワホワした食感♪
抹茶の苦味とホワイトチョコの甘みが
よかったです。

こちら焼き上がり
抹茶焼き上がり
スフレなので蒸し焼きにしてるせいか
焼き上がりはけっこう高さがあります。

型から出すと・・・
抹茶型から出したとこ
ちょっと締まったかな?
スイートチョコをホワイトチョコに置き換えると
膨らまなかったりで、結構難しいらしいです。
レシピ完成まで20回ぐらいは失敗してるとのこと。

二品目はこちら

ケーク・ショコラ・フランボワーズ
ショコラ完成品

中にはチョコとフランボワーズジャムを仕込んでます。
ハート仕込み
チョコの苦味とフワンボワーズノ酸味が大人な感じ。

シェフはずっと穏やかな調子で
丁寧に説明して下さいました。
とてもわかりやすかったですね。
ケーキのデザインがかなりモダンで前衛的なので
もっと攻撃的な方なのかと思ってたけど・・・。
フランスで勉強されていたそうなので
感性かしら?
とっても楽しい講習会でした♪
旬のあさり
あさりが安いので
最近あさりをよく買うのですが、
味噌汁に酒蒸しにとワンパターンになりがち。
なので青梗菜と炒めてみました。

あさりと青梗菜

あっさりと仕上げたいから
味付けは塩とちょっぴりのウェイパーのみ。
けっこういけましたよ


あさりと言えば・・・
去年潮干狩りに行ったものの
あさりはほとんど獲れず、
夫はマテ貝ばっかり獲ってました。

マテ貝


マテ貝は獲り方にテクニックがいるというか、
ただ掘っているだけでは駄目なんです。
呼吸してる穴を見つけたら
そこに山盛りの塩を入れ、
飛び出してきた瞬間につかみとります。
タイミングが難しいけど、
慣れてきたらとてもおもしろいようで、
けっこう獲ってましたよ。

味噌汁やバター炒めにして
夫や子供は食べてましたが、
わたしは見た目が駄目で食べられず(>_<)
でも、とってもおいしかったそうですよ~。



おやつ
私に似たのか、子供も料理やお菓子作りが
大好きで・・・
なのでたまにこんなおやつを作ってくれます。

クレープ
クレープ巻き

中はこんな感じ。
クレープ中身
苺とバナナと生クリーム♪

ホットプレートでどんどん焼いてくれます。
クレープ焼き

あ~やっぱりダイエットって無理かな?




今日の朝ごはん
今日は何の予定もない土曜の朝。
久しぶりにのんびりしました。

子供が朝からホットケーキを焼きたいというので、
朝ごはんをお願いしちゃいました。
ホットケーキ 朝ごはん

朝からかなりのハイカロリーですが、
人に作ってもらったものって
なぜこんなにおいしいんだろう
自分で作るのも好きだけど、
こうして作ってもらうと、心がこもってるからかな?
とても幸せな気持ちになります

ホットケーキ アップ

ご馳走様でした
イタリア料理の復習
さて、さて、
習ったものはすぐに復習したくなるので、
さっそく作ってみました。

イタリアン復習
やっぱりシンプルだけどおいしい♪
イタリアンパセリはなくてもいいけど、
やっぱり欲しいな。


イタリアン復習 豚肉
ほうれん草を買うのを忘れたので、
ルッコラで!
少し前に買った肉たたきが大活躍しました。
やっぱり肉をたたくと柔らかい(^^)v


食卓の花
食卓に花を飾ってみました。
イタリア料理教室 2009年4月
今月のイタリア料理教室はカンパーニャ州の
お料理でした。

カンパーニャ州の州都はナポリと言えば
だいたいわかりますよね。
イタリアで消費されるトマトの半分以上は
ここで採れるそうです。
あと乾麺が有名みたいです。


Peperoni imbottiti
パプリカ前菜
ぺペローニ(カラーピーマン)になすびやパンや
チーズなどを詰めてオーブンで焼いたもの。
松の実が入るのでとても香ばしいです。
あとパンが入るのでけっこうお腹にたまります。


Spaghetti alla vongole macchiato
ビヤンコ マキアート
簡単に言えばあさりとプチトマトのスパゲティです。
マキアートというイタリア語はちょっと色をつけた
という意味があるそうで、
ちょっと煮崩れたプチトマトの酸味が効いて
さっぱりといただけます。
あさりの良い出汁が出て、シンプルだけど
おいしい♪


Maiale alla pizzaiola
豚のカツレツ
付け合せのほうれん草の緑、
トマトソースの赤、
モッツァレラチーズの白がイタリア国旗
イメージさせます。
豚の肩ロースはしっかり肉たたきでたたいてるので、
とっても柔らか~(^^)v

Struffoli
デザート ドーナツ
ナポリでクリスマスに食べられるスイーツです。
油で揚げて、はちみつのシロップにからめ、
最後にチョコスプレーでおめかし。
ドーナツのようなクッキーのような
サクサクした食感でした。

ハーブティー
食後のお茶はいつもコーヒーなんですが、
今回はハーブティーでした。
ローズヒップが入ったお茶でとてもおいしかったです。

で、いつものようにワインと食後酒も(*^_^*)
今日のワイン

今日のリモンチェッロ

今回はバリ島に旅行された方が多かったので、
パリのマッサージについてのお話で
盛り上がりました。
私はマッサージが苦手なので
たぶん無理だなあ。




木製ピンチのデコ
今日は一日雨
用事もはかどらなかったので、
子供と一緒に木製ピンチのデコに挑戦してました。

木製ピンチのデコ

ただのピンチがとっても可愛く変身しました
絵の具で塗って、キラキラのラメを降りかけ、
あとはいろんなものをデコるだけ。

デコピンク

デコ イエロー

デコ ブルー


こちらはワニさんです。
かばデコ

口の中もちゃんと色を塗ってま~す。
ワニデコ 口




初ルッコラ!
キッチンガーデンのルッコラが育ったので、
初めて料理に使ってみました。

初ルッコラ料理

上にのってる緑の葉っぱがルッコラです。
イタリアンサラダって感じで作って
いざ夕ご飯のテーブルへ。
子供の反応は~
「苦い、苦い、苦い」と悶絶しておりました。
やっぱり子供にはこの味は無理だったか。
私はこの苦味が好きなんですけどね(^_-)-☆

そうそうこちらも順調ですよ~。
バジルの芽


新玉ねぎ
こないだちょこっとだけ新玉ねぎが採れました。
と言っても私は虫が大の苦手なので、
畑仕事はしてないけど・・・(^^ゞ

新玉ねぎ

採れたての玉ねぎは
スライスしてシンプルにサラダでいただきます。
今回はこちらのポン酢でいただきました。
ポン酢
いただきものの湯浅醤油のポン酢。
酸味がまるいので、ポン酢の酸味が苦手な方でも大丈夫!
モンプリュのお土産~続き
こんなものも買っちゃいました。

モンプリュ お菓子 3種


ケーク・オ・フリュイ
ケーク・オ・フリュイ
何て言うんでしょ、生地の中にセミドライフルーツがあるんじゃなくて、
セミドライフルーツの中に生地があるような。
ドライフルーツ好きならたまりませんね。
ちなみに私はドライフィグ(いちじく)が一番好き
種のプチプチ感がいいですよね。


パート・ドゥ・フリュイ
パート・ドゥ・フリュイ
所謂ゼリーです。
くにゅっとした食感が楽しいよ。
フルーツをギュッと濃縮して一粒に詰め込んだ感じ♪
赤いのはフランボワーズで、
緑はキウイだったような???

おうちに帰ってからも
モンプリュさんの余韻にひたってましたね。
あ~本当に至福の時です(*^_^*)






モンプリュさんのお土産♪
講座でとびっきりおいしいスイーツをたくさんいただき
満腹状態なんですが・・・
やはりショーケースを覗くと魅力的なケーキたちが
私を呼んでいるような気がして(言い訳(^^ゞ)
テイクアウトしちゃいました。

ヴァシュラン・フレーズ
ヴァシュラン・フレーズ
ユキちゃんお薦めの春のスイーツ。
林シェフお得意の苺のメレンゲがさっくりと
おいしかったです。
たっぷりの生クリームをはさんでるんだけど、
フランボワーズかな?ちょっと酸味がいい感じ♪


タルトカシス
タルトカシス
こちらもユキちゃんお薦めスイーツ。
とにかく白と紫の色の対比が綺麗ですよね~。
いただくとまず上のホワイトチョコの甘さが
ガツンとくるんですが、
すぐにカシスの峻烈な酸味がやってきて、
甘い→酸っぱい→甘い→酸っぱいと
お口の中はこの繰り返しで途中でやめられません。
爽やかな初夏の逸品ってとこかな。


エクレール・オ・キャフェ
エクレール・オ・キャフェ モンプリュ
週末限定のカフェ味のエクレアです。
ねっちりとしたフォンダンと
固めのシュー皮が食べ応えあり。
中のクリームも本格的なコーヒーの味と香り。
 エクレールキャフェ カット


タルトフロマージュ
タルトフロマージュ
所謂チーズケーキですが、
ゴルゴンゾーラチーズを使ってるのでちょっとクセあり。
でも、私は大好きですよ~(*^_^*)
ちょっぴり刺激的な味です。


ピエモン
ピエモン
ピスタチオ好きにはたまらない一品。
ピスタチオのビスキュイにピスタチオのムース、
ビスキュイ・ショコラの見事なハーモニーといったところかな。
トッピングの大きなピスタチオも食べ応えがあり。
そしてボトムには砕いたピスタチオと
フランボワーズのジャムが隠れてます。
フワンボワーズの酸味がいいアクセントに♪
ピエモン 底


クレーム・オランジュ
クレーム・オランジュ
名前が爽やかそうだったので
チョイスしました。
映画アメリのようにスプーンで表面の
キャラメリゼをパリンと割ると・・・
ふわふわのシブーストクリームが。
更にフレッシュのオレンジが出てきます。
キャラメリゼの苦味、クリームの甘み、
オレンジの酸味とまさしく三味一体じゃあ。
クレームオランジュ アップ

恋するスイーツ講座⑤
講座中はシェフのいろんなお話を聞けたのですが、
興味深い話がいっぱいありましたよ。

たとえば日本の土壌は酸性だけど、
フランスの土壌はアルカリ性なので
必然的に素材そのものの味が変わってくるとか。

あとシェフはできるだけ自然のものから
香りなどをつけたいとのことで、
桜の香りづけにはこちら「トンカ豆」を使うそうです。
桜餅の豆
何と3回ぐらい桜の香りをつけることができるらしいですよ。
ナチュラルな上にエコですね(^^)v
ネットショップで見たら、結構なお値段してましたよ。

テーブルの上にはマカロンのディスプレイも。
テーブル上のマカロン
すっごく可愛いですよね。
食べられないらしいですが、こんなのが置かれていたら
思わず手を伸ばしてしまいそう~

なんだかんだで1時間半のイベントはあっと言う間に
終わってしまいました。
今回は本当に充実&大満足のイベントでした。
こんな楽しいイベントを企画してくれたユキちゃん、
そして夢のような時間をしてくれた林シェフ&モンプリュのスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。
このイベントの次の日から始まったグラスデザートを食べに
また伺いますね~

モンプリュの看板


モンプリュ 店構え

パティスリー モンプリュ
兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番17号 
TEL/FAX:078-321-1048 
Open10:00~19:00
Close火曜日

恋するスイーツ講座④
大満足のうちにどんどん進められいく講座。
何とユキちゃんのお土産まで登場しました。

メゾンビスキュイのガレット&パレ
メゾンビスケット

可愛いパッケージですね(*^_^*)
先月東京で開催された世界パティスリーの併設イベント
スイート・スイーツジャパンで販売されていたそうです。
私はまったく知らなかったのですが、
フランスで毎年行われているコンテストでは常に上位入賞、
2007年にはグランプリをとったそうです。

ノルマンディーの小さな村にあるお店ですが、
今回初の出店だったそうですよ。
ノルマンディーというとモン・サンミッシェルが有名でしょうか?
豊かな自然の中に塩田が広がり、
そんな牧草を食んで育った牛が生み出した
ミルク&バターから作られていると聞けば
そのおいしさが想像できますよね。

ビスケット中身
写真はガレットです。
日本でいうガレットより厚みが薄く、
サブレという感じ?

ガレットサブレ
写真奥がパレです。

ガレットもパレも素朴な味ながら、
材料そのものが持つ力強さを感じました。
きっと食べ飽きない永遠の定番なんだろうなあ。
そんな貴重なお菓子を食べられて本当に幸せ。
さすがユキちゃんチョイスです(^^)v





恋するスイーツ講座③
先ほどのポワソン・ダブリンが気になるよ~と
思っていたらやってきました。

シナモンアイス2

それもおいしそうなシナモン味の
アイスクリームを従えて。
ちなみにアイスクリームの下に敷かれているのは
アーモンドダイスに苺?フランボワーズ?の
粉末をからめているもので、
何とアイスのすべり止めだそうです。

モンプリュ 食器


さて、さて、肝心のポワソン・ダブリンのお味は、
サックサクのパイに濃厚なカスタード、
甘酸っぱいベリーともう口の中は
満開お花畑状態でした

パイなんですが、
パイを折るときに折り数が少ないと
生地はすごくあがるけど、食べると硬いそうです。
反対に折り数が多いと
生地はあまりあがらないけど、
食べるとサクサクになるそうです。
う~ん、勉強になります。

それから添え物のようなアイスクリームですが、
十分主役をはるぐらいおいしかったですよ
出来立てだったので、それはもうまろやかで
やわらかで、溶けていくぅ~。
もちろんおかわりしちゃいました。
でもシナモン味ってなかなかないんじゃないかな?
シナモンは好き嫌いがあると思うけど、
ふわっと香りぐらいなので嫌いな方でも大丈夫!

紅茶はノワールでした。
ケーキの香りと味を邪魔することがなくて
とても飲みやすかったです。
モンプリュ 紅茶



恋するスイーツ講座②
ものすごいスイーツショーを見た後は
早速限定スイーツがテーブルに。

クレーム・ブリュレ・ピスターシュ
ピスタチオのムース
個性的なフォルムのムラング・フレーズ
(う~んと苺味のメレンゲ)は
さくっ、しゅわ~っと口の中に消えていく感じ。
メレンゲ菓子というと甘ったるいという
イメージを持つ人も多いと思うけれど、
軽い甘さです。
生クリームの層を掻き分けると・・・
ピスタチオムース 出たとこ
濃厚なピスタチオのブリュレが出現
実際はもっと綺麗な新緑のような緑色なんですよ。
このブリュレは本当においしかった♪

次は同じ皿でサービスされてきた
クレープ・シュゼット
クレープ・シュゼット
思いっきり大きく切ってお口に入れると・・・
もう、もう、もう、もうね、
オレンジの芳醇な香りと鮮烈な酸味が
口いっぱいに広がります。
いろんなところのクレープ・シュゼットを食べたけど、
たぶんNO.1です

こちらもシェフのこだわりがあって、
作り方がちょっと変わってます。
クレープを厚めに焼いたら折りたたみ
オレンジ?バターを生地の間に仕込み、
オーブンで温めます。
クレープ・シュゼット 仕込み中
焼いている間にいい感じにバターが溶け出し、
熱々の生地と冷たいオレンジの温度差が
更においしさをかきたてます。

この一皿でも十分満足だったのですが・・・
恋するスイーツ講座(^_-)-☆
先週の土曜日にとっても素敵な講座に
参加してきました。

その講座というのはこちら・・・
チラシ
ちょっと写真が不鮮明ですが、
友人であるスイーツコーディネーター&ライターの
「ユキちゃん」こと松本由紀子さんの講座です。
彼女とはスイーツサイトのスイーツ取材隊で知り合ったのですが、
その当時からすごい人でしたよ~

今回はそんな彼女が年に100回は訪れるという
神戸:元町にある「パティスリーモンプリュ」で
イベント限定のスイーツをいただきながら
スイーツにまつわる林周平シェフとユキちゃんのいろんな
お話を聞くことができました。

まずユキちゃん、シェフの紹介の後
いきなりでてきたのがこちら。

ポワソン・ダブリン
お魚 素
インパクト大でしょ。
もう一気にテンション上がりまくりでしたね。
でも、まだこちらはほんの序章に過ぎなかったのです。

目の前でドンドン作業が進められました。
まずはカスタードクリームを注入。
お魚 カスタード注入

お魚 カスタード終了


次はたっぷりの苺
お魚 苺


贅沢にフランボワーズ&ブルーベリーをオン
お魚 ベリー


最後にウロコであるパイの皮をかぶせて出来上がり♪
お魚 完成

会場はもう歓声とためいきしか聞こえてきませんでしたね。
ところで、なぜ魚?と思いませんか。
あまりなじみがないように思いますが・・・
ポワソン・ダブリン」(Poisson d'Avril)は「4月の魚」という意味で、
フランスでは4月1日になると”魚”の形をしたお菓子などを
食べる行事があるそうです。
シェフの作った魚はヒラメをイメージしたとか。
本当可愛いような、ひょうきんなような
表情豊かなヒラメですよね。

こちらは後でカットされるということで
まずは最初にいただいたものを。




オーティッカでカレーランチ♪
昨日は新学期初の参観でした。
子供が小さい頃は幼稚園の送迎で毎日会ってた友達も
最近じゃなかなか会えなくて・・・
なので参観の前のランチが何よりの楽しみになってます。

ランチと言えばここんとこ、
インド・ネパール料理店「オーティッカ」に行くことが多いです。
味もさることながら、値段のわりにお腹いっぱい食べられるところが
一番のセールスポイント♪

まずは前菜
オーティッカ 前菜
ピリッと辛くて少し酸味のあるスープ、
ピクルスのような漬物、
サラダが出てきます。

メインはこちら
オーティッカ メイン
カレーは4種類から選べます。
私はエビカレーとたけのことじゃがいものカレーをチョイスしました。
ナンは顔ぐらいの大きさがあり、ちょっぴり甘いです。
タンドリーチキンは柔らかくてとってもスパイシー!

食後はホットチャイで締めました。

子供のこと、学校のこと、仕事のこと、
いろんなことをおしゃべりしました。
こういった何気ない会話が明日への活力源になりますね。
すごく楽しいひと時でした。

オーティッカ
奈良県生駒市小明町439-1
電話:0743-21-3546
営業時間:11:30~14:30(LO)
       17:30~21:30(LO)
定休日:水曜日



た、た、たこ焼き♪
今日夫は飲み会で夕ご飯はいらないというので、
簡単にたこ焼きにしちゃいました。
関西の家庭には必ずあるというたこ焼きを焼く道具。
確かに実家にも友人の家にもあります。
関西だけなのかな~?

たこ焼き 焼き中

うちのたこ焼きの特徴は特にないけど、
子供用には溶けるチーズを、
大人用にはたっぷりの葱を入れることかな。
あと天かすも忘れずに。
キムチは焦げやすいので、もっぱらトッピングとして使ってます。

たこ焼き アップ

あと一個だけ、あと一個だけと言いつつ、
今日もいっぱい食べてしまいました(^^ゞ
謎の植物判明
以前何を育ててるかわからないと書きましたが、
大きくなって判明しました。

こちらルッコラでした~
ルッコラでした
こ~んなに育ってびっくり
サラダやリゾットに使えそう♪
独特の苦味が好き

こちらは細葱でした~
細葱でした
一瞬枯らしてしまったかと思ったけど、
何とか育ってます。
でも、名前の通り本当に細いんだけど、
こんなんでいいのかな?

で、只今こちらを育ててます。
バジル生育中
何か育つかはお楽しみに
おすし屋さん開店!
たま~に子供がおすし屋さんみたいに
やりたいと言うので、
夕ご飯は子供の作るおすしにしました。

材料を切ってこんな風に置いておくと
お寿司やさん ごっこ

子供が板前さんになって作ってくれます。
お寿司 三つ
けっこうおいしそう♪

こんなアレンジお寿司も!
軍艦巻き

ご馳走様でした(*^_^*)





ちちんぷいぷい物産展⑦
帰る前に忘れてならないのが
子供へのお土産。
いつも「ママだけずる~い」と言われるので、
ちょっとご機嫌取り(^^)v

番組のキャラクターグッズを買いました。
ぷいぷいグッズ

ライオンちゃんの三色ボールペン
ライオンちゃんペン
可愛い

歯磨きセット
ぷいぷい歯ブラシ
キャラクターの名前がわからない???

子供の反応は・・・
ボールペンはすごく喜んでくれたけど、
歯磨きセットは微妙な感じでした^^;

ちちんぷいぷい物産展⑥
お腹もいっぱいになったし、
お土産も買ったしそろそろ帰ろうかと
思っていたら・・・
こちらが気になりました。

いずたやの青さのり
青さのり パック
最後の清流といわれる高知の四万十川で採れる川のり。
河口から数キロ上流、海水と川の水が混じり合う汽水域で養殖されているそうです。

見ていたら売り場のおじちゃんがおまけしてくれるというので
ついつい買ってしまいました(^^ゞ
このままお味噌汁、卵焼き、うどんなどいろいろ
料理に使えるみたい。

ついでにこちらも
青さのり
こちらは夫の母へのお土産にしたので
食べてませ~ん。

家に帰ってさっそくお味噌汁に。
青さのり 味噌汁
磯の香りが素晴らしく、
まるで海をまるごと飲んでる気分♪
でも、川のりだったっけ?

土佐のいずたや
高知県高知市一宮1391-7
TEL 088-845-6111
FAX 088-845-5117








ちちんぷいぷい物産展⑤
以前お店には行ったけれど
喫茶の営業時間前だったので、
泣く泣く帰ってきたのが京都宇治市にある
中村藤吉本店。
150年の歴史の重みを感じる建物の一部が
カフェになっており、
メニューを見るだけでももうヨダレものでした。

そんなお店が出品していたのがこちら
生茶ゼリー
生茶ゼリー

極上の茶葉から作った綺麗な緑色のお茶のゼリーは
甘さ控えめでしぶ~い大人の味、
その甘さを補うようにしっかりとした甘さの小豆、
くにゅっとした食感が楽しい白玉だんごも
入ってます。
喉ごしよく、す~っとした甘みがグー
本店では凍らせた竹の器に入ってサービスされるようです。

生茶ゼリーアップ

中村藤吉本店
京都府宇治市宇治壱番十番地 (JR宇治駅南口前)
電話:0774-22-7800
FAX:0120-15-8000
Tokichi Cafe・・・11時~17時30分(ラストオーダー17時)
※他に店舗あり
ちちんぷいぷい物産展④
持って帰ることを考えて、
シフォンケーキを買いました。
でも、見た目もとってもキュートだったんですよね
ミントの箱



いろんな種類があったのですが、
今回は季節商品の「苺」と
定番商品の「ベリーベリー」を買いました。
ミント箱の中身
こんなに可愛く箱につめてくれます。

家に帰ってさっそくいただきました。
ミント シフォン アップ
ふっわふわでとても繊細なお味。
甘みはギリギリまで抑えてるのかな?
素材そのものの味がして、とても優しい感じ。
シフォンにはよく生クリームをつけるけど、
これは必要ないですね。
かえって風味を損ないますね。

ベリーベリーは三つのベリーの酸味が効いてました。
苺は食べた瞬間にふわっと苺を感じます。
風が通りすぎた後にかすかに鼻をくすぐる
道端のお花の香りってとこかしら。

こちらも淡路島の素材にこだわった作られているそうです。

MINT
兵庫県洲本市物部3-10-8
TEL 0799-23-0886
FAX 0799-23-0885
定休日 日、月曜
営業時間 10:00~売り切れ次第終了
ちちんぷいぷい物産展③
会場内にひときわ長い行列が!
こういうのっておいしいものに違いないと思い
とりあえず並んでみることに。

並んだのはこちら明石から
「蛸や喜一」のタココロッケ
タココロッケ アップ
蛸のぶつ切りがけっこうゴロゴロ入ってて、
コロッケにすごくマッチ♪
シーフードコロッケって感じかな?
蛸の味が濃いよ(^・^)

他にじゃことかいろんな種類もあったけど
やっぱり一番人気はタココロッケ。
30分ぐらい並んだかな?
並んだだけのお味でした(^^)v

タココロッケ

蛸や喜一
兵庫県明石市本町一丁目4-19
TEL 078-914-7666
FAX 078-914-7664
定休日 木曜
営業時間 10:30~17:30
ちちんぷいぷい物産展②
いまだ会場の雰囲気になじめない私。
ウロウロしてたらおいしそうなジェラートが

三国の塩ジェラート

一番人気の「三国の塩」ジェラートに
トマトのジェラートをおまけでつけてもらいました。

仕事先のお店のジェラートもかなりおいしいので、
どうかな?と思いつつ食べてみると・・・
美味い
え~さっぱりしてるのにコクもあり、
すごく食べやすい。
塩もかすかに効いてるかな?って感じで、
おいしい雪をいただいてるような
いやあ恐れ入りました。
そうそうはね~うん、トマトだった。

こんなおいしいジェラートは何と福井からの出展でした。
ジェラート カルナ パンフ

「自家製のミルク、卵、地元の野菜、くだものを
 中心に、添加物をおさえた新鮮・安心・安全な
 イタリアン・アイスクリームをご用意してお待ち
 しています」
とパンフレットには載ってました。
全種類は常時出てないと思うけど、
メニューは100種類以上あるそう。
あ~一度こちらのお店を訪れてみたいです

CARNA
福井県坂井市三国町南本町3-4-34-1F
TEL&FAX 0776-81-3225
定休日:水曜
営業時間:11:00~18:00

ジェラート ポストカード



ちちんぷいぷい物産展①
前から行きたいな~、
でも時間がないから行けないな~
と散々迷っていたのですが、
今日時間が空いたので行ってしまいました。

ちちんぷいぷい物産展ポスター

MBSの平日午後にやっている
「ちちんぷいぷい」という番組で取り上げられたもの
ばかりを集めた物産展です。
今年は10周年記念なので
出展してるお店が例年よりも多いのだとか。

とにかく朝なら空いてるだろうと
朝一で乗り込んだのですが・・・・。
甘かった
もうオープンと同時にすごい数のお客様が。
初めていく私がウロウロしてる間に
あちらこちらで整理券の配布が行われ、
10時からの整理券をもらい損ねると、
次は1時からの整理券しかなかったりで、
やっぱり下調べとかはきちんとした方がいいですね。

そんな状況を見て、あまりお腹は空いてないものの
とりあえずぷいぷいカレーの列へ。

ぷいぷいカレーとはオーサカキングで大好評だった
伝説のカレーで、
「キャレ・ド・ミュー」というお店の馬場シェフが作られた
究極の「素」カレーなんです。
(一日限定500食)

ぷいぷいカレー

見事に何にも入ってない。
でも、食べると・・・
なんだろうすごく複雑な味。
辛味、酸味、甘み、いろんな要素で構成されてる感じ。
ちょっとフルーティーでもあります。
ただちょっと酸味が勝ってるかな?
もう少しまあるい酸味の方がいいかも?

一人でカレーの列に並んでたら、
同じくお一人様で並んでいた女性の方に
声をかけられました。
いろんな情報交換して、しばし楽しく会話♪
食べ物の話は本当尽きません。
東京土産
夫が出張で東京に行ってきたので、
お土産にこんなお饅頭を買ってきてくれました。

東京 三色饅頭

ピンクは桜餡入り、
緑は抹茶と漉し餡、
茶色は黒糖味。

かなりミニサイズなので、
和菓子が少々苦手な私でも
おいしくいただけました(^^)v

でも、名前がわからないよ~(>_<)