FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
点心教室 2012年8月
点心教室行ってきました♪

今回習うのは
・胡椒餅
・鳳梨酥(パイナップルケーキ)


以前先生が作って下さったパイナップルケーキをいただいたんですが、
本当に美味しかったので習いたかったんですよね(*^^)v
こんな風に作っていきますが、
要はクッキー生地の中にパイナップルのジャムを入れるって
イメージですかね。
パイン
パイン2
パイン 製作
うふふふっ焼けました
パイン焼

こちらははしょりましたが、
胡椒餅の出来上がり
台湾の屋台料理だそうです。
胡椒がピリッと効いていて、
皮がサックサクで本当に美味しかったです☆
胡椒持ち焼き上がり
故障持ち2
食感はパイですが、洋菓子と違うのは
二種類の生地を作って合わせるというところです。
食感の違いで本当にパイみたいなんですよ!


さあ、出来上がりました
至福の試食タイムです
出来上がりテーブル

今回の副菜は・・・きくらげの冷菜
木くらげ
さっぱりとして美味しいです。
こんなきくらげがメインのおかずって見た事ないです。

肉骨茶
スープ
何やらすごい名前がついてますが、
内容はスペアリブ・厚揚げ・レタスの薬膳スープです。
色が色だけにギョッとなると思いますが、
あっさりとした、体に良さそうなスープです。
こんなに食べられないよ~と思ってましたが、
するするっといけました(^^ゞ

で、メインの胡椒餅。
ボリュームたっぷり!!
一個食べるとかなりお腹がふくれます。
故障持ち


先日中国に行かれたとのことで、
先生からのお土産も~♪♪♪
ドライマンゴーとカボチャの種の緑茶がけ(?)
カボチャの種は割って中だけをいただくのですが、
なかなか上手くいかないっ
悔しいから皮ごと食べてます
先生のお土産

先ほど焼き上がったパイナップルケーキはこんな風に
ラッピング(*^^)v
プレゼントできますね!
パイン完成

と言う訳で型と袋も買っちゃった(^^ゞ
パイン型

今回も大満足の点心教室でした
とにかくまさか作れないだろうなって思っていたものが
作れてしまうというのが、この教室の凄いところ。
特にパイナップルケーキは絶対に作りますよ~

自分にとって点心って敷居が高いものだったのですが、
本当に先生が丁寧に教えて下さるので、
とっても身近なものになりつつあります。
今回もありがとうございました

そしてご一緒させていただいた皆様ありがとうございました。
大変勉強熱心な方々の中で学ばせていただいて、
毎回とても感謝しております
スポンサーサイト



冷やし汁粉
最近ブログのアップが滞っております。
とにかく体力がないというのが一番の理由かな~?
私のブログタイムはたいてい夜なのですが、
もう眠たくて、眠たくて・・・
人間ってなんで寝ないとあかんのかしら?と思うほどです。
でも、嫌なことも寝たら忘れられるし、
いろんな夢も見れるし、いいこともあるからな~!

さて、夏のおやつはやっぱり冷たいものが良いということで、
最近作っているのがこちら。
冷やし汁粉
確かに冷たくて美味しいのですが・・・
白玉茹でる時が暑いんですよ~
明日は子供の用事で、またまた暑いとこに出かける予定です。
ちょっとゆっくりしたいなあ。

2012年 フランス伝統菓子講習会
アップが遅れております
今年も行ってまいりました(^^ゞ
こちらが今回デモをされるシェフの面々です。
そして、お手伝いとして後ろに並ぶシェフも
関西を代表するシェフの方々です。
本当豪華な顔ぶれですよね(*^^)v
メンツ

まずはクラブ・ガレット・デ・ロワ会長の
島シェフよりご挨拶
島シェフ

トップバッターはこちら
津田宣季シェフ(神戸屋)
入賞した人
第7回ガレット・デ・ロワコンテストの
一般部門で優勝されました
さすが優勝されただけあって、クープが本当に綺麗
目の前でさらさらっと描かれるので、
もううっとりとして見てました
ク―プ

で、焼き上がりはやはり見事です
ガレット2

試食した感じはとっても軽くて、
アーモンドの香りがすごく豊かでした。
ガレット試食


二番バッターは
多田征二シェフ(イグレック プリュス)
多田シェフ

クルスタッド・オー・ポム
多田シェフ作品
林檎のタルトです。
パータフィロの食感がパリッとしてて面白い(*^^)v
多田シェフ 試食1

リソル
リソル
中に林檎やセミドライフルーツ、ナッツを入れ、
パートプリゼで包んで油で揚げたお菓子です。
一見脂っこそうですが、さっくさくで
ガルニチュールの酸味もあって案外さっぱり♪
このお菓子私好きですね。
試食 揚げ
試食 揚げ2
時間がないため、端っこの方で粛々と
このお菓子を揚げていた多田シェフ。
そこはかと哀愁が漂っていたような・・・。
ちなみに司会の林シェフ(ガトー・ド・ボワ)からは
「黙々と天ぷらを揚げてます」などと揶揄されていましたが


続きましては
西川功晃シェフ(サ・マーシュ)
西川シェフ
相変わらず、シェフの皆さまから可愛がられてました。
(いじられてる???)

タルトアラクレーム
西川シェフカスターパン
試食 カスターパン
まるでケーキのようなパンです。

ブリオッシュ・フガス
西川シェフ3
西川パン
中身を変えて3種類紹介いただきました。


東京からはこちら
藤生義治シェフ(パティスリードゥシェフフジウ)
藤生2
去年講習会を受けて大好きになったシェフです。
くるみのクロッカン
ボンボンフィユテ

残念ながら写真を取り忘れたので、
フランスのお土産のボンボンフィユテなど
飴


で、デモはありませんでしたが、
お手伝いに参加されたシェフからもフランス伝統菓子の差し入れが。
西野之朗シェフ(メゾン・ド・プティフール)
クレープ フリゼ ピレネー
秤
伝統菓子

林雅彦シェフ(ガトー・ド・ボワ)
パスティス
林シェフ
伝統菓子3

丸山正勝シェフ(ル ガリュウM)作
くるみのタルト
くるみタルト
伝統菓子2

トリを取るのは・・・
島田進(パティシエ シマ)
ガトーショコラ ヴィオレット ノワ
チョコケーキ

今年も参加して良かったなって思いましたね。
やはり伝統菓子って素朴だけど、しみじみ美味しいから。
それに製菓、製パンの枠を超えて、
シェフの皆さまの仲の良さったら
そんな様子を見てるだけでも楽しかったです♪
ガレット・デ・ロワ