FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
点心教室 2012年11月
点心教室に行ってきました。
今回はシュウマイ2種エッグタルト
シュウマイ2種は豚肉と海老糯米です。

メニューをもらってまず思ったことは・・・
糯米のシュウマイって????
サンドウィッチの中身がご飯みたいなもの?
おにぎりの具がパン?
などと頭の中がかなり混乱してましたが、
ようは中華おこわをシュウマイの皮で包んだものだという
ことがわかりました。
先生によると日本ではあまり見かけないものだそうです。


皮
シュウマイの皮って四角だと思ってましたが、
何と円形でした。
麺棒を使って生地をのばすのもだんだんと慣れてきたかな?
と言ってもなかなかちゃんとした円にはならず、
う~ん、難しい
そして具を包むのにもコツが
なかなかきれいにひだをとるのって大変なんですよ~
でも、先生がいつものようにとても丁寧に教えてくれるので、
今回も何とか仕上がりました(*^^)v

先生の蒸す前のシュウマイ
先生
やはり包み方がとても綺麗

で、私の蒸し上がったもの。
蒸しあがり
まあまあよく見たらかなり違うのですが、
本当先生蒸すって素敵ですよね


お次はエッグタルト。
エッグタルト実はだ~い好きなんです。
だからメニューが決まった時からウキウキ♪
エッグタルト
パイ生地を型に敷いて、プリン液を流すだけ。
お手軽、かんた~ん、でも美味しい


さあ、いつものようにみなさんでいただきます
全体

今回のお茶はこちら。
かなり良いお茶だそうですよ♪
お茶
お茶2

副菜は・・・
酔っ払い鶏
鶏
かなり紹興酒を使うのでこの名前ですが、
今回お酒は控えめなので、とてもあっさりとして
食べやすいです♪

中華マリネ
れんこん
れんこんをオーブンで焼いているので、
適度な食感が残りつつ、食べやすい硬さになってます。
こんな調理方法があるんですね

漬蒸~白身魚の中華蒸し
魚
真鱈を調味料に漬けて、皿ごと蒸し上げ、
そこにた~っぷりの白髪ネギを乗せて、
熱々の胡麻油を回しがけたら出来上がり(*^^)v
淡泊な白身魚もこうすると香ばしくいただけます!

メインのシュウマイ
シュ上手い
豚肉&海老はとてもリッチな味で美味しかったですよ♪
やはり自作の皮はもっちもちで食感がいいですね
で、作る前から興味深々だった糯米のシュウマイは
中身も皮ももっちりで食べ応え満点でした
想像以上に美味しかったです

こんがりといい色がついたエッグタルト
エッグタルトw
すごいクリーミーなフィリングで、
いくらでも食べられそうなぐらい美味しかったです☆

余ったパイ皮でパイスティックも制作(*^^)v
忘れた
グラニュー糖&黒胡麻とチーズ&胡椒の2種。
甘い系とおつまみ系、どちらも美味しかった(^_-)-☆


みなさんの差し入れで、
パンデュースのシュトーレン
ご自分で焼かれたという抹茶のバウム、
この季節にかかせないおみかん
東京のお土産
先生からも中国茶のお土産などなど
さすが食に精通されている方々の集まりは違いますね。
いろんな美味しいものご馳走様でした

今回も楽しい、美味しい、ためになるお教室
ありがとうございました
ここのところ気持ちが沈むことが多かったので、
元気もらえました


スポンサーサイト



白岩シェフのクリスマスケーキ☆
いよいよ12月となり、今年もあと少しですね。
何だか一年があっという間で、
ちょっと早すぎ~っ

さて、今年のクリスマスケーキ
生地にも中にも外にもたっぷりとヘーゼルナッツを使った
バタークリームのブッシュドノエルです

まずはヘーゼルナッツをキャラメリぜします。
この時点ですでに美味しい♪
みなさんで味見と称してつまみ食い
へーぜル

ヘーゼルナッツパウダーがたっぷり入った生地に
先ほどのヘーゼルナッツをこれまたたっぷりと。
ちなみにバタークリームは珈琲味で、
プラリネも入ってるので超リッチなお味です(*^^)v
生地

さあ飾りつけはと思って見たら、
何やら見たことがない飾りがいっぱい。
そうなんです、これ全部シェフのお手製です。
さすが、ショコラティエさんなので、
こういった飾りも自由自在に作ることができるんですね。
飾り

で、シェフの作品で~す
素敵~
先生の

私たちのは持ち帰る事も考えて、
ちょっとこじんまりとした感じに
私の

さあ、試食タイムです!!
ヘーゼルナッツが効いて本当に贅沢なケーキに
仕上がってます♪
試食

先生のシュトーレンもごちになりました!(^^)!
シュトーレン
私シュトーレンは色々いただいている方ですが、
このシュトーレンめちゃくちゃ美味しかったです
いやほんとお世辞抜きで!

自分のお土産には前からずっと食べてみたかった
杏のタルト
杏のタルト
甘酸っぱくて美味しかったなあ。

今年はこれをもって白岩先生の講習会は終了です。
先生はこれからお忙しい時期に入られるので、
また習えるのは来年の夏かな~???
先生今年もありがとうございました
白岩シェフのフロランタン
ちょっと記事が続きますが、
あらためてフロランタンを習いました。
自己流で作っていたけれど、
ちゃんと習うといろんなポイントがわかって
とても勉強になりました。

今回一番の収穫は水飴でした。
水飴も色々進化してるんですね。
この水飴を使うとべたつかず、
いつまでもカリカリっとした食感を楽しむことができます(*^^)v
フロランたん

カットして出来上がり~♪
カット2

手が止まりません
止まらないぐらいの美味しさでした
フロ

白岩シェフのタルトタタン♪
私の中で秋から冬にかけて作りたいのNO.1が
タルトタタン
今までも作ってはいたけど、
何となく納得いかないままで・・・
なので今回教えてもらえるとあって本当に嬉しかったです

まずは大量の紅玉リンゴ
りんご
小さいうえに結構なお値段しますが、
やはり酸味が必要なので一番タルトタタンに
良いそうです。

この大量のリンゴをカットして、
キャラメリぜしたら型に綺麗に並べます。
この並べ方にもコツがあるんですよ!

で、焼いてる途中にはリンゴから出てきた
美味しいジュースやバターなどが型から
溢れてしまうので、
途中何度か溢れたものを型に戻してあげます。
とりだし

もどし
戻した跡
こういった一連の作業を繰り返し、
長時間かかって完成です(*^^)v
また、型から綺麗にはずすにはきちんと冷めてないと
いけないので、これかた時間がかかります。
※なので、途中ランチに行ってました(^^ゞ

さ~、こちらが事前にシェフが焼いて下さったタタンです♪
艶が何ともなまめかしいですね
シェフの

こちらが私の~(^O^)/
私の
リンゴのキャラメリゼ具合によって
出来上がりの色合いも変わってきます。
子供はあまり苦みを喜ばないので、
うちは浅いキャラメリゼの方がいいみたい

やっと至福の試食タイムです
たったん
甘味、酸味、苦味という味の三重奏で
本当に美味しかったです♪
シェフありがとうございました

で、この日は嬉しい事にガレットのコンクールに出場予定の方の
ガレットをまたいただく事ができました
ガレット
本当にこの時はコンクール直前で、
いただいたガレットは本番と同じものだったそうですが、
抜群の美味しさでした(^_-)-☆
後日10名のファイナリストに選ばれたそうで、
Kさんおめでとうございます