FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
イタリア料理教室 2013年1月
さあ、今年もイタリア料理のレッスンが始まりました。
今月はラツィオ州のお料理です。
州都はローマと聞くと何となく場所がわかりますよね。

さっそく生パスタです。
ん?ラーメン?
違いますよ~
パスタ


Zucchini gratinati con gambero
ズッキーニ
ズッキーニの海老入り香草パン粉焼きです。
これは絶対に合いますよ~


Tnonnarelli caccio e pepe
パスタ2
チーズとこしょうをかけたトンナレッリです。
トンナレッリはパスタの名前で、
この料理はカルボナーラの原形なんだそうですよ。
先生が「イタリアのぶっかけうどん」と呼ぶように
麺にコシがあって、本当に麺を味わうっていう感じです。
いくらでも食べられそうなぐらい美味しかったです♪

Coda alla vaccinara
テール
革なめし職人風テールの煮込みです。
大きさにびっくり
でも、これ一人分なんですよ~(*^^)v
っていうか一番大きいサイズのものを
先生からプレゼントしていただきました(^^ゞ
最初は上品にフォークとナイフで!
その後はウェットティッシュ片手にかぶりつきました
お肌プルプルのはず~

こちらはつけ合わせ。
水菜をくたくたに煮てます。
イタリアでは野菜の食感を楽しむということはあまりなく、
何でもこんな風にくたくたにしてしまうそうです。
つけあわせ

Mostaccioli laziali
ドルチェ
ラツィオ風モスタッチオーリ。
ワンボールで混ぜるだけのお手軽ドルチェです。
シナモンが効いた甘食って感じかな~?
添えられたチョコは先生のイタリア旅行のお土産です。

で、更にお土産でこちらいただきました。
嬉しい
お土産

美味しいお料理に楽しいトーク、
今回も濃い時間を過ごすことができました(*^^)v
先生今年もよろしくお願いします(^O^)/
スポンサーサイト



こもる
がんばってます
ただがむしゃらにがんばっても
出来ないこと、見えないことがあり、
最近行き詰ってるかも。
ちょっとだけ弱音吐いたらまたがんばろう!
試験
バラ
京番茶
先ほど紹介しました京番茶。
なじみのない方も多いかと思いまして
ちょっと説明など。
(実は私も最近まで知らなかったので(^^ゞ)

お茶っ葉はこんな感じ♪
京番茶
何だかワイルドですよね(*^_^*)
味もワイルドなんです♪


で、やはり餅は餅屋ということで、
一保堂さんのHPより

玉露園・碾茶園(抹茶の原料がつくられる畑)で、
その年最初の茶摘みの後、畑に残った大きく成長した葉、
これらを枝ごと、ひざ下あたりまで刈り落とします。
刈られた葉や茎、枝を時間をかけて蒸し、
揉まずに葉が開いた状態で乾燥させ保存します。
さらに出荷直前に熱した鉄板の上で3分ほど強火で炒って
仕上がりとなります。
開いたままのバサバサの葉、焦げたところや茎、
枝が含まれているのはそのためです。

●特徴
京都では普段使いのお茶として最も親しまれているお茶です。
ほうじ茶とは趣の異なる独特の香ばしさや
さっぱりとした味わいが特徴です。
でも、なじみのない方には、「焚き火くさい」「タバコくさい」と
感じられることも。
含まれるカフェインやタンニンの量も少なく
昔から京都では特に赤ちゃんや病気の方に良いお茶と
伝えられています。

もし機会がありましたらぜひ試してみて下さいね。
最初は「えっ?」ってびっくりするかもしれませんが、
とても美味しいですよ~(^_-)-☆