FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
葡萄の成長
今日もお仕事でした~(*^^)v
日曜日はよっぽどの事がない限りお仕事です。

さて、以前書いたお店の葡萄ですが、
こんなに大きく成長しています。
ぶどう
ぶどう2
ぶどう3
スポンサーサイト



デコレーションケーキ
今回はこちらを作りました。
デコレーションケーキ

な~んだって思うでしょう。
私もね、最初はそう思ってたんですけどね~
シェフが凄いこだわりを持った方なので、
学ぶことが多かったです。

そして、これ手立てなんですよ~
きゃ~ここしばらく手立てでスポンジなんて
立てたことないから、
もう腕が動かないったら(>_<)

ちなみに私のはこちらです。
まあまあナッペもなんとかなったかな(^^ゞ
私の
試食


今回の収穫
・手立てのいろんな方法
・スポンジの三枚スライスの各厚さ
・ケーキの構成の考え方
・フルーツののせかた
・美味しくない苺の処理の仕方
畑では
最近の畑では・・・
なすびがなりだしました。
なす

で、ズッキーニですが・・・う~ん、
なかなかお店で売ってるような立派なものはなりません。
ひょろっとしたものばかりです。
ズッキーニ
でも、私が作っている訳じゃないので、
文句も言えませんよね~
ただお店に並んだ立派なズッキーニで
お料理したいなという欲求が抑えられなくなりつつある
罰当たりな嫁子です

今日はこれらなすびとズッキーニの揚げびたしを作りました。
それだけじゃなんなので、鯖に塩・こしょうして、
カレー粉・薄力粉をまぶして揚げたものも入れました。
鯖とカレー粉って合いますよね。
味がしまった感じがします♪
ばんごはん

最後に庭の紫陽花です。
雨上がりの紫陽花、やっぱり雨が似合うと思いました。
アジサイ
シャルル・フレーデル
これまたかなり昔のスイーツ講座です。
先ほど書いたリエルグのシェフの修行先ですね。

ちょっと遠いので、皆さんと旅行気分で
電車に乗って行きました。
何だか不思議な風景。
のどかな街に突如としてパティスリーが
現れるのですから。
シャル 看板
シャル 店


店内に一歩入ると、そこは色鮮やかな
お菓子でいっぱい
シャル 店内
シャル店内2

さて、今回のスペシャルメニューです。
難解な単語が並んでます(^^ゞ
シャルメニュー

ランティーユのカマルグ塩ボイル
ケークサレのクリスティアン添え

シャル1
ランティーユとはフランス語でレンズ豆の意味です。
そしてカマルグとはフランスの自然海塩です。


フランス一周、皿の上のフランス小旅行
ミロワール仕立て

シャルル2
ミロワールとはフランス語で鏡の意味です。
鏡をお皿に見立て、フランスの郷土菓子が盛られています。
各地方の伝統菓子をいただきながら、
フランスを巡りましょうというシェフの粋な演出です。
これには一同大感激

シャルル3

ビーニュドリヨン
リキュールの女王シャルトリューズ風味に
リヨンの赤プラリネのグラスを添えて

シャルル4
ビーニュドリヨンとはちょっとピントがぼけてますが、
奥に写っているお菓子です。
リヨンのカーニバルの時に食べられる揚げ菓子のようですね。


ペーシュメルバのタンバルエリゼ風
エスコフィエがネリーメルバに捧げた特別デザート

シャルル飴
タンバルエリゼ風とはこちらを参考に!
もう、ひと昔も前・・・。
その時代を風靡したポールボキューズ
彼がエリゼ宮で披露したデザート菓子
薄いラングドシャ生地をケースに
アメのドームを被せ、中にフルーツやソルベを盛り込んだ。

(ネットより)

飴で作られた蓋をそ~っと開けると
シャルル飴中身
こんなに可愛いものが出てきました♪
詳しい説明はこちら
ロンドンのサヴォイ・ホテルの料理長だった
オーギュスト・エスコフィエによって考案されたデザート。
下地にバニラ・シロップ漬けの桃を乗せ、
ラズベリー・ソース(すり潰した木苺)、
アーモンドのスライスを掛けたデザートで、
オーストラリアの歌手ネリー・メルバが
サヴォイ・ホテルで食事をした際、
特別製のデザートとして供されたのが始まりとされる。
また、このデザートをメルバが気に入り名前を尋ねたところ、
エスコフィエが「ピーチ・メルバと呼ばせて頂ければ光栄です。」
と答えたとされることが名前の由来とされている。
(ネットより)


ミニャルディーズ

シャルル小菓子


私たちの我儘に気持ちよく答えていただき、
こちらのルージュ・プラリネのお菓子まで
いただくことができました。
赤いタルト
シャルル赤いタルトカット
シャルルお土産

最近は百貨店の催事や、お菓子のイベントなどで
その名前をよく聞くようになりました。
これからもずっと注目していきますね。
今更ですが、ありがとうございました!
リエルグ お土産編
ちょっと飛んじゃいましたが、
リエルグさんではこんなものを買いました~♪

クロワッサン
リエルグクロワッサン

ちゃんと温め直しの方法まで書かれていて、
なんと親切なんでしょう
リエルグクロワッサン2
作り手にとったらやっぱり美味しく食べて欲しいですもんね。
余談ですが我が夫、そんなに食べ物に執着がないので、
温めるのが面倒臭いという理由で
冷たいまま食べたりします。
温かいのが美味しいものは温めて食べて欲しいな☆

チョコのタルトだったかな?
仕上げ方がとってもキュート
リエルグケーキ

マロングラッセはかなり濃厚でした。
リエルグマロングラッセ

こちらは子供のお口に!
リエルグオレンジ

リエルグさんでは塩も売ってます。
キッチンに置くだけで様になるので、
実はまだ使ってません
リエルグ塩

で、焼き菓子の数々。
どれも美味しかったですよ~♪
リエルグ焼き菓子

真っ赤なプラリネだったかな?
初めて知りました。
リエルグプラリネルージュ

近くにあったらしょっちゅう行ってしまいそうな
そんな素敵なお店です
やっぱり行かなくっちゃ(*^^)v
ゲリラ豪雨
今日は本当に暑かったですね~
久しぶりの晴天にがっつり洗濯&掃除ができました(*^^)v
そろそろ庭には蚊が飛び出して、
蚊を追い払いながら洗濯物を干す光景は
まるで変なダンスをしているようだと子供に笑われました

そうそう草引きもこれからの時期蚊に悩まされます
涼しい時間帯は蚊に悩まされ、
炎天下はさすがに蚊もひっそりとどこかで避暑状態みたいですが、
暑さと日焼けはしんどいものがあります。
痒さを取るか暑さを取るか、
やっぱり暑さかな?

話は変わりますが、今年も猛暑らしいですね
去年はゲリラ豪雨がすごかったですが、
今年はどうなんだろう???

こちらは去年間一髪で車に乗り込んだ瞬間
この豪雨でした。
ワイパーでも無理そうだったので、
あきらめてしばらく車の中で待機してました。
雨

明日で6月も終わりですね~。
今年も半分過ぎちゃいました。
なんやかんやで時間がたつのがあっという間で
自分一体何やってるんだろう???状態です。
「来月こそは予定を入れずにのんびり過ごす」と
毎回決意するのですが、蓋を開けると・・・(;一_一)
来月は日帰り旅行と一泊旅行を控えております。
更に役員のお仕事、子供の三者懇談が加わり、
仕事、講習会、習い事とかなりがっつり予定が入ってます^_^;
まあ前向きに行こうと思います。
チョコを使ったお菓子の講習会
今週は色々な講習会が続き、
ちょっとお疲れ気味です・・・^_^;
録画した番組が溜まっていく一方で
なかなか見る時間がなくて


で、今回はメーカーさんの講習会に行ってきました。
チョコを使ったお菓子なので、
まずはチョコについての勉強から。
カカオって産地などによってかなりお味変わりますよね。
それらの使い分けや、メーカーさんの新商品など
眠気と戦いながら必死で聴いてました。


夏のチョコはやはりすっきり、あっさりしたものが
ありがたいですね。
色々デモしていただきましたが、
どれも夏を意識してか、軽く仕上げられたものが
多かったです。
ケーキ
で
ケーキ2
レーズンサンド
他に焼きチョコドーナツやトリュフショコラや
どら焼きのようなものも教えていただきました。
手軽にできるものが多かったように思います。

また参考に作らせてもらいます。
ありがとうございました。
リエルグさんにて!
かなり前の話ですが(2011年7月です)
スイーツ講座で東大阪のリエルグさんに行った時のものです。
ブログを書こうと思いながら、
忙しくて書けなかったのかな?
お蔵入りになるところでした

お店自体はこじんまりとしていますが、
店内はとてもおしゃれで、
隅々まで神経が行き届いた感じです。
リエルグ店内

真ん中にど~んとあるのが焼き菓子のコーナー。
フランスの伝統菓子が並び、どれも食べてみたくなります。
リエルグ店内2

ショーケースの中もフランス菓子が並びます。
リエルグショーケース


テーブルにはこんな粋な演出が・・・
リエルグ皿

本日のメニューが書かれていました。

       menu de jour

chuox en surprise~avec anglaise au caramel
sorbet aux menthe
tiramisu Liergues
baba au vin~avec mousee au praline



まずはウェルカムドリンクでシャンパンです。
グラスに添えられた苺がキュートですよね。
プリティー・ウーマンの一場面を思い出しました。
(古っ
リエルグシャンパン
リエルグシャンパン2

キャラメルとアングレーズソースの上に
ベニエだったと思います。
(あまりに昔なので記憶が・・・(--〆))
リエルグベニエ

ミントのソルべです。
リエルグシャーベット

リエルグ風ティラミスです。
リエルグティラミス

赤ワインのババとプラリネアイスだったかな?
ババと言えばラムっていうのが私のイメージなんですが、
赤ワインでもいけちゃうんですね。
リエルグババ
リエルグカフェ

河内ワインをいただいたり、
リエルグ赤ワイン

チョコケーキをいただいたり、
リエルグチョコケーキ

マカロンも美味しかった♪
リエルグマカロン

リクエストしたらケーク・サレまで出して下さって。
リエルグサレ

こちらがシェフ
とても華奢な女性ですが、なかなか男前な方でした。
リエルグシェフ

最近すっかりご無沙汰しているので、
ちょっと行ってみようかな?
次はシェフの師匠のことなど書いてみますね。
気になるパン屋さん
え~っと、またまた寄り道してしまいまして(^^ゞ
お友達に教えてもらって行ってきました。
最近パン購入がすごく増えている気がします。
パンはおやつにもなるし、ごはんにもなるし、
ついつい買ってしまいます。
(でもってすぐになくなっちゃいますしね~

こちらがそのパン屋さん
本当に昔ながらの住宅地にそのお店はありました。
パン屋
実はこちらのパン屋さんは去年とあるイベントで知ったのですが、
その時はほんの試食だけでいまいちお店の魅力がわからず(;一_一)
でも、「国産小麦にこだわった、本当に美味しいパンを
焼いてはるお店」だとお友達たちは大絶賛

こちらが買ったパンたち。
パンたち

特にこの黒ごまはちみつだったかな?
見た目も可愛いし、味も良かったですよ
ゴマはペーストと煎りゴマで入っていたので、
食感も楽しむことができました(*^^)v
黒ゴマはちみつ

パンの後ろにはお店のロゴの焼き印が
可愛い
パンの耳

また今年もイベントでお会いできそうですね(^-^)
楽しみにしています♪
パン教室


ドゥ・ソレイユ
072-888-8163
枚方市春日東町2-2-1
7:00~19:00
日曜・第3月曜定休

季節はずれのフレジエ
の時期は過ぎ去ってしまいましたが、
延期になっていたフレジエの講習会に行ってきました!

今回ムスリーヌはピスタチオペースト入り♪
国産苺ももうこれが最後かな?って感じでしたね。
フ

とりあえず完成(*^^)v
色合いがとても優しいんですね。
着色料とかは入らず素材の色だけです。
フ2

試食タイム☆
出来立て~(*^_^*)
生地とクリームがなじんだ美味しさもありますが、
ホワホワっの食感もなかなか美味しいですよ!
フ3

飾りを乗せて完成で~す
完成2
完成

シェフ、ためになるレッスンありがとうございました。
そして手配していただいたTさん、ご一緒させていただいた方々
ありがとうございました。
シャバタで朝食♪
以前イルグストさんで食べたパニーニが美味しい♪と
書きましたが、そのパニーニに使われているのが
シュクレさんのシャバタなのです。

で、昨日シャバタを買った時に
ヴァンドゥールのY氏(ってバレバレですけど)にその話をしていたら
「パニーニマシーンがなくてもできますよ♪」と教えてくれたので、
今日の朝ご飯に試してみました。

イルグストさんで販売しているような高級なものではなく
近所のスーパーで調達した生ハムとモッツァレラチーズを
ちょっと贅沢なぐらいサンドし、
シャバタ

後は油をひかないフライパンで両面焼いていくだけなんです。
コツはフライ返しで思いっきり押さえつけながら
焼いていくこと
シャ2

完成
あまり期待していなかったのですが、
これがまためちゃくちゃ美味しいのです
マシーンみたいにギッシギシに押さえつけてないとこが
かえっていいみたいです(*^^)v
香ばしいシャバタにとろんと溶けたチーズ、
そして生ハムの塩気と絶対またやってみたくなりました。
シャ

またシャバタを求めてお店に行こうっかな~♪
Yさん良い情報ありがとうございました(*^_^*)
寄り道はいつもの・・・
講習会が終わった後は、
ついついいつものお店に寄り道してしまいます。
めちゃくちゃ近いって訳じゃないけど、
遠くもないので(*^_^*)

ル・シュクレ・クールさんと
ケ・モンテベロさん
今回は初訪問のお友達と一緒です♪

シュクレさんのパンたち!
シュクレパン

私的にはこのエスカルゴバターが入ってるようなこのパンが
今回一番のお気に入り(^_-)-☆
Sカルパン


モンテベロさんのケーキ☆
モンテ

一番のお薦めだった
「タルト ソレイユ」
あななす
アニスの香るアーモンドクリームに、フレッシュのオレンジ
とパイナップルを詰め込んで焼きました。
ピリリとアクセントに胡椒をふりかけて…
夏にぴったりなさわやかな一品です。
(お店のHPより)
本当に夏をいただいてるようなお菓子です。
思った以上ある酸味がいい感じ♪

本当もうちょっと近かったらなあと
いつも思うのですが、
遠いからこその特別感がいいのかもしれません(^_-)-☆



デリスモアさん
以前からかなり気になっていた方の
講習会を受けることができました。

こちらがデリスモアさんのシェフです!
すっごく小柄で可愛い方でした
おまけに教え方もすごくわかりやすいし、
お人柄が素晴らしかったです♪
先生

今回教えていただいたのはタルト・オランジェ
先生の
通常はやらないと思いますが、
タルト生地を作ったら寝かず速攻でのばします。
で、空焼きもせずダマンド入れてフレッシュのオレンジを
乗せて後は焼くだけ(*^^)v
と~っても楽ちんなケーキでした♪
まあこういうケーキの方がぶっちゃけよく作るんですけどね(^^ゞ
モンタージュ

試食をいただきましたが、
焼きこまれたオレンジがとってもジューシーで
爽やかでした(*^^)v
試食


ちなみの私の。
私の

これだけではなく、アイスドリンクも教えていただきました。
冬はショコラショーとか美味しいですけど、
やっぱり夏はさっぱりがいいですね。
秘密はアールグレイとヴァローナラクテを使ってるとこですかね。
暑い夏にぐいっといけそうです
アイスドリンク

おうちに帰ると速攻でおやつになりました♪
家族の反応が良いとテンション上がります
私のケーキ

今回は先週の講習会でご一緒させていただいた方や
紅茶教室でご一緒させていただいた方と
再会できたのも嬉しかったです♪
またお会いしたいですね!


本日の収穫
・すっごい丁寧なオレンジの皮の剥き方と
 実の取り方ですね。
 実際問題ロスはすごく少なくなると思いますが、
 私はきっといつも通りの方法でやるでしょう。
 何せ面倒くさがりやだから(^^ゞ
 先生ごめんなさい


チョコレート専門店 
『ショコラティエール デリスモア』

兵庫県西宮市上甲東園3丁目9-8
定休日:日曜・月曜・不定休あり
営業時間:11:00~19:00
0798-56-8758
オレンジシフォン
ここんとこランチだ、講習会だと食べまくり
母の日、父の日、家族の誕生日ともいつになく
作ってましたしね~
いや~っ、気づいてはいたんですよ。
ただ気のせい、気のせいと現実逃避していた訳ですが(^^ゞ
しかし・・・が~ん 体があきらかに重い。
そしてすべての服がきつい(;一_一)
ちょっとダイエットがんばりますわ
逃げないように宣言してみました!!

さて、先日の家族の誕生日には
レッスンで作った木苺のシブーストを
そのまま出しちゃった訳ですが、
BDケーキ


やっぱりそれってどうよ!って事になりまして
先日習ったオレンジシフォンまで作ってしまいました♪
オレンジシフォン
そのままでも十分美味しいレシピだったんですが、
もっとオレンジ感を出してもいいかということで、
生クリームに入れる砂糖を全部マーマレードに置き換えました。
するとオレンジが本当にすごく出た上に
ジャムの特性なのか保形性が良くて扱いやすかったです。

二台並んだ光景に家族はびっくりしてましたが、
シブーストとシフォンというまったく違うものなので、
喜んで(?)食べてくれました(*^^)v
お茶とお菓子のマリア―ジュ講座
勝手にタイトルつけましたが、
本当はこういう名前の講習会ではありません。
あまり人に教えたくないんですよね~
もし興味ありましたら、直接メールか
鍵コメでお問い合わせ下さいませ


さて、今回のお題はアイスティーの淹れ方
セパレイトティーの作り方
夏ですからね~
冷たいのをグイッとやりたいですよね。

まずはこちらのウェルカムドリンクから
ウェルカムティー
ちょっとピントがボケボケですが、
下がミルク、上がカラメルのセパレイトティーです。
いただくときはよく混ぜて(*^^)v

紅茶と合わせるお菓子は
サブレ・ヴィエノワ
パティシエさんの実演の後は
参加者の方たちで絞っていきます。
絞り

焼き上がるのを待つ間にはホットティーも出していただきました♪
茶葉はメリメロです。
事前にパティシエさんが焼いて下さった
サブレ・ヴィエノワの抹茶とバラも美味しい♪♪♪
クッキー2種

で、いよいよアイスティーの淹れ方のレクチャーです。
様子
アイスティーの淹れ方には3種類あるって知ってました?
その①オンザロック
その②ニ度取り法
その③水出し
それぞれに短所・長所がありますが、
水出しはタンニンがあまり出ないから
飲みやすし、楽かな?と思いましたね。
ちなみに仕事ではオンザロックで作ってます(^^ゞ

その他色々教えてもらって
次はセパレイトティーの作り方です。
比重の違いで綺麗に分かれる訳ですが、
やっぱり向いてるもの、向いてないものあるようです。
こちらが教えてもらって私が作ったもの。
セパティー
下がグレープフルーツ、上が紅茶です。
すっごく爽やかですっきりとした味でした。
こんなの出されたら嬉しいですよね~

そうこうしてるうちに自分たちで絞ったサブレも
焼き上がってきました☆
絞ったクッキー

おまけに最後はこんな可愛い皿盛りまで
ドルチェ
こんな凄い内容なのに、めっちゃ講習会費はお安いのですよ。
人気なのもわかりますよね。

今回一人で初めて参加したのですが、
職場仲間というグループの方たちの中に入れていただいて
とても楽しい時間を過ごすことができました。
ずっとこの教室に通われているとのことで、
色々教えてもらってありがとうございました
また再会できるのを楽しみにしております
日帰り???家族旅行 その3
何となくなりゆきでこちらにも。
まったく計画性のない家族です。

宮島は20年以上ぶりです。
フェリーに乗るだけで、何だかウキウキ♪
でも、春風は寒かった


宮島



厳島神社
鳥居
ちょうど引き潮だったので、
近くまで歩いて行けそうでした。
鳥居2

引き潮
塔

この日はロープウェイで山頂に登るはずが、
強風のために運行中止・・・ついてません
でもまあ気を取り直し、島内をウロウロ。
宮島名物しゃもじのめっちゃ大きいものが展示されてました。
しゃもじ

匂いに釣られて近寄ってみれば、
何やら焼きおにぎりのような・・・
広島の新名物ぺったらぽったらだそうです
はなまる
牡蛎と穴子の二種類があり、香ばしくって美味しかったです(*^^)v
ちょっと甘めの味付けでした♪
花マルマーケットにも登場したそうですよ!
宮島はなまる

目の前で焼いたものをすぐに食べさせてくれる
お店もありました。
お茶のサービスもあって美味しかったなあ☆
もみじまんじゅう
ただし、旅行から帰ってきてから
揚げもみじ饅頭が美味しいと聞き、
やっぱり並んででも食べるべきだったと
ちょっと後悔です


そうそう世界遺産で挙式ができるんですね~
この日は二組見ました。
とても綺麗な花嫁さんでしたよ。
世界遺産で挙式できるなんて、一生の思い出ですね♪
結婚式

鹿チャンもお昼寝
春だもん、鹿だって眠いよね~
鹿

夕食は吉備SAにて。
せっかくなので、名物をいただくことに。

吉備ラーメン
吉備丼

マスカットソフト
ソフトというよりシャーベットかな?
マスカット

ま~ったく忙しい家族旅行でした。
こんなハードな旅行で子供はますます嫌になったかも。
子供が巣立ったら二人で旅行に行こうねって言われましたが、
子供がいなかったらもっとハードな内容になることは
容易に想像できるので、遠慮させていただきます!
日帰り???家族旅行 その2
せっかくなのでこちらにも。
13年ぐらい前に行ったことがあるのですが、
橋をかけかえたらしいのです。

高所恐怖症の私にとってはかなり辛かったです
おまけに春の嵐が吹き荒れて、
重い私でも飛ばされそうな勢い

の木がたくさん植わってたので、
もうちょっと時期が遅かったら綺麗だったろうな~
錦帯橋

ケーブルに乗って、岩国城にも行きたかったけど、
子供の機嫌がマックスに悪かったのであきらめました
錦帯橋城
錦帯橋2

こちらでいただいたのは蓮根天♪
名物なのかな?
蓮根のシャキシャキ感が残っていて美味しかったです
錦帯橋れんこん
日帰り???家族旅行 その1
梅雨ですね~
何かすべてにおいてやる気がなくなります。
と天気のせいにしてしまう私。

さて、先日記事を整理していたら
書きかけで放置していたものがちらほらと出てきたので、
とりあえず気の向いた時にアップしたいと思います。


もう去年の春休みのことになりますが、
日帰り(?)家族旅行に行ってきました。
本当は最低でも二泊三日ぐらいはしたかったのですが、
子供はなかなか難しいお年頃なので、
旅行に行きたくない子供との妥協案で日帰りとなることに。

行き先はかねてから夫が行きたがっていた石見銀山へ。
ちなみに子供はどこにも行きたくないとのことなので、
夫の希望地になりました。

しかし山陽道を走ってると大粒の雨が・・・
有料のガイドさんの予約は一週間前に終わってるし、
あきらかに準備不足の私たち。
子供に嫌がられることを恐れた夫は
急遽行き先を秋芳洞へ変更しました。

朝食はSAで!
私SAがだ~い好きなんで、
本当にすべてのSAに寄って行きたいぐらいなんですけど~♪
で、じっくりと販売されているお土産とかを見たいんですけど~!
(もちろん家族には即却下されてましたが
旅うどん

時間があったので、まずは秋吉台へ。
ひゃ~、やっぱり自然ってすごい
社会の教科書のまんまです。
旅カルスト
カルスト2
カルスト3

秋芳洞は12年ぶりかな?
やっぱり鍾乳洞は感動ものでした
秋芳洞
秋芳洞2
秋芳洞3


帰りはもちろんご当地ソフト
夏みかんと秋芳梨両方ともさっぱりしてて美味しかったです(*^^)v
秋芳洞ソフト

イルグストさんへ
ちょっと用事で近くまで行ったので、
シュクレさんのBBQにゲストでいらっしゃってた、
イルグストさんへ行ってきました♪
外

イルグストさんてどんなお店???

直接イタリアに足を運び吟味して仕入れてきた
食品やキッチン雑貨を中心に、
イタリアで丁寧に作られた上質のものを揃えました。

店内のカフェスペースでは、
日本初上陸のイタリア『カッラーロ』社のコーヒー豆を使った
エスプレッソ、カプチーノやオーガニックコーラなどドリンク類のほか、
大阪・吹田市にあるブーランジュリー『Le Sucré-Coeur』さんの
最高においしいパンにイタリア産ハムを挟んだ
本場イタリアスタイルのシンプルなパニーニや、
タルトなどを数量限定でご用意しております。
イタリアの作り手たちの熱い心を皆さまにお届けできればと願っています。
(お店のHPより)


パスタやバルサミコ酢、ワインだけでなく、
エプロンや食器、ジュースやお菓子などなど
見ているだけで幸せな気分になる品々で溢れてました
雑貨


さて、お目当てのランチをいただくことに(*^_^*)
もちろんオーダーはパニーニのランチ
シュクレさんのパンが使われているので、
美味しさは間違いなし
まど

まずは前菜3種盛り
前菜

そして、メインのパニーニです♪
添えられた野菜にはバルサミコがたっぷりと
かけられています。
ぱ

パニーニは何種類かあるのですが、今回は・・・
イタリア産プロシュートコットのホットパニーノ
店舗でスライスした新鮮なイタリア産プロシュートコット
(火の通った豚もも肉のハム)と
イタリア産水牛のモッツァレラをシンプルにサンドした
イタリアスタイルのホットパニーノ。
水牛のモッツァレラは、乳牛のものにくらべ
希少価値が高いものです。(お店のHPより)
ぱ2
シュクレさんのパンも美味しい上に
ハムとチーズも美味しいものだから
最高に美味しいに決まってるぅ~(^_-)-☆
本当一気に食べてしまいました。
※テイクアウトもできますよ!!

ドルチェは・・・
コーヒーのシフォンと
チョコとヘーゼルナッツのクリーム、
全粒粉のグリッシーニ添え。
チョコ×ヘーゼルって美味しさの王道ですよね。
両品ともクオリティめちゃ高かったです
ど

のんびりとお茶したり、
大切な方へのプレゼントを探したり、
素敵な空間をぜひ楽しんで欲しいなと思った
そんなお店でした。
場所がちょっとわかりにくいけど、
スタバの裏通りって言ったらわかりやすいかな?
大きな国旗が目印です☆

イルグスト
箕面市小野原西5-2-8
電話:072-796-0730
営業時間:10:00-19:00(定休日 月曜日)
ピエロ
今日は久しぶりにこちらのシェフの講習会を
受けてきました(*^^)v

ご存知イグレックの多田シェフです!!
シェフ

今回はイグレックの2番人気の
ピエロというを教えていただきました♪

組み立てはボトムがザックザクのクランブル
ボトム
クレームフロマージュ
その中にコンフィチュールトマトをイン
サンド
仕上げはクリーム・シャンティーと
ホワイトチョコ、ミント、苺です。
先生
コンフィチュールトマトと書きましたが、
正確には苺のコンフィチュールにトマトジュースが
入ってるって感じですかね?
苺単体より味に奥行きがでるそうです。

あっ、ちなみに私のです。
わ


このはもう10年ほど前に誕生したそうですが、
なぜ名前がピエロなのか?
若くしてイグレックの製菓部長に就任、
おまけにその当時は一般的でなかった
スイーツへの野菜の導入などなど、
結構風当たりが強かったそうです。
サーカスのピエロはふざけたことばかりしているけど、
本当に芝居の上手い人がピエロを演じる、
自分もそうでありたい、いやそうなんだという
その頃のシェフの心情が投影されたものだそうです。
何か深いですよね・・・。
そんな背景を知るとますますこのが好きになっちゃいますね
門

シェフためになる色々なお話ありがとうございました。
ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました。


恒例の今日の収穫
・ゼラチンの使い方
 冷凍、解凍
 扱う温度
 粉と板の違い
・カスタードの粉の違い
 
水飴
クラスメートの方から水飴いただきました。
本当に昔ながらの水飴です。
水あめ
一緒にレッスンを受けているお友達が
「南部せんべいに挟んで食べたら美味しいよ♪」と
教えてくれたので、まずはせんべいゲットだぜ
木苺のシブースト
今回は木苺のシブーストを習いました。

シブーストはイタメレを作るのが面倒なのと、
バーナーが怖いのであまり作らないお菓子の一つなので、
こういうレッスンはとてもためになります。

タルト台を焼いて・・・
シブーストクリームが固まるのを待ってるところ。
タルト台

こちらが先生の
先生の

試食をいただきましたが、
出来立ては最高に美味しかったです
試食

こちらが私の
ま、ま、まあ仕上がりました。
私の

今回の収穫は
少ない量のカスタードの作り方
少ない量のイタメレの作り方→手立てで作る方法
何かシブースト苦手意識がちょっとマシになった気がします。
シュクレさん&モンテベロさん
イル・ピスタッキオさんに行ったということは、
もちろんシュクレさん、モンテベロさんにも
立ち寄るということで・・・
私にとってはコースになっております(*^^)v

この日は夏のパンにかわる前日でした。
夏のパンも食べたかったなと思いつつ、
また近々行く予定があるので、トライしてみようっと!
シュクレ

モンテベロさんのは相変わらず美しい
タルトシトロン
タルトシトロン

名前忘れちゃった(^^ゞ
アメリカンチェリーのケーキです。
チェ絵

ババ
気持ちがいいぐらいたっぷりお酒が効いてます。
ババ

マカロン
バジル風味。私は大好きだけど、けっこう好き嫌いあるかも。
まかろん

そして父の日の焼き菓子詰め合わせ。
たぶん私の口に入るはず。
父の日

滅多に行けないのに、
行くととってもフレンドリーに接してくれる
両店のスタッフさん♪
いつもありがとうございます
商品だけじゃない、スタッフさんに会いに行くんですよ♪
再びイル・ピスタッキオ♪
前回の訪問時はお肉のコースだったので、
今回は魚介に挑戦してきました(*^^)v
(※4月~9月は魚介、10月~3月は肉)

シェフ一人、席数8名のこじんまりとしたお店なので、
予約を取るのがなかなか大変で
今回も「そんな先の事はよーわからん」と言いながら
2か月前に予約を取りました(^^ゞ

まずは前菜3種
前菜

たことポテトのマリネ
前たこ

自家製オイルサーディン(?)
すっごいレアで美味しかったですよ!
前いわし

オレンジのスライスの上に生海老。
これって合うのか?これって正解なのか?と
少々ためらいがちに口運ぶと・・・
めっちゃ合ってました
オレンジが海老の臭みを飛ばすっていうか、
爽やかさしか残りません。
前えび

パンも香ばしくて美味しい♪
パン

次に出てきたのはカジキマグロ2種
こちらはカジキマグロのフリット。
サクサクした食感もよくかる~くいただけました。
かじきフリット

こちらはひよこ豆のペーストを四角に成形して、
それを揚げたものに自家製カジキマグロの燻製が
乗せられてます。
これまた美味しい(*^_^*)
かじき

さ~、パスタは何かなと思っていたら
どどんと来ました雲丹のパスタ
ちょっとピリ辛だけど、雲丹の風味満載のパスタでした!!
最高っ
うに

とっても濃厚&クリーミーの雲丹のパスタとは対照的な
こちらのパスタ。
シンプルだけど魚介の旨味がギュッとつまってました。
ショートパスタの食感がよく、ソースがらみもよかったです。
パスタ

ここからはメインに突入
ムール貝です!!
もうこんなぷりっぷりのムール貝食べたことない
あっという間に完食でした。
添えられたトーストしたパンに、
ムール貝から出たスープを浸みこませて
旨味をあますことなく堪能いたしました。
ムール

こちらはいか。
全粒粉をいったんソテーしたものをからませたのかな?
分厚いのにやらわかくてとても食べやすかったです。
いか

で、鯛のソテー・オレガノ風味。
素材の良さを感じ、淡泊な鯛の味にオレガノがとてもマッチしてました☆
オレガノ鯛

ドルチェはマラスキーノ酒でマリネされたグレープフルーツと
リコッタチーズを使ったチーズケーキ。
どちらも夏にぴったりの爽やかなお味でした(*^^)v
ドルチェ

今回も大満足
シチリアには行ったことがないけれど、
シチリアの風に吹かれていたかのような2時間でした。
シェフご馳走様でした
店内
余談ですが、今回もジャザ友さんと行ってきました♪
飲兵衛さんが多いので、
やっぱり飲みながら食べたかったよね。
途中何度もが欲しい~っと
言ってたので、いつか電車で行くのもいいかもね♪
でも、帰るの面倒くさくなってしまうかも・・・(--〆)

シェフのブログにて予約状況が確認できますので、
行きたいと思われた方はこちらをチェックして下さいね。
只今10月まで予約受付中です。
最近TVにも出られたので、ますます予約困難かもです

トラットリア イル ピスタッキオ
TEL 072-657-8733
住所 大阪府茨木市西中条町2-12
営業時間 [火~日]
12:00~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 月曜

収穫物は~
次々と畑からはいろんな野菜が収穫できています。

新じゃがの揚げ煮♪
揚げに
油の中でじっくりとじゃがいもに火を通し、
出汁、酒、みりん、醤油でさっと煮ております。
新じゃががホックホクで美味し
一緒に揚げたズッキーニも自家製です。
(って私が作ってる訳じゃないですけどね(^^ゞ)



新玉ねぎの丸ごと煮♪
玉ねぎ
まるで玉ねぎがお風呂につかっているようですよね。
これまた玉ねぎが甘くって美味しかったです
ただ玉ねぎは小さめがお薦め(*^^)v

野菜そのものが美味しいので、
シンプルなお料理の方がいいかな。
大地の恵みご馳走様でした
松島義典シェフの講習会
今回も誘っていただいて講習会に行ってきました(*^^)v

講師は氷彫刻で有名な松島義典シェフです。
シェフ
シェフは現在名古屋マリオットアソシアホテルの
製菓料理長を務められております。
そして2003年のク―プ・デュ・モンド団体2位、
氷彫刻部門第一位などの華麗な経歴をお持ちです。
でも、講習会で初めてお目にかかるシェフは
大阪生まれ、大阪育ちのめちゃくちゃ面白いおじ様でした。
技術もそうですが、話術がすごいなって思いましたね。

さすがに氷彫刻はなかったのですが、
飴細工の実演をしていただきました。
お花とかを作られるのかな?と思っていたら、
何やら華やかさからはかけ離れた
男前なパーツ類が並んでます。
タイヤ
エンジン

で、完成がこちら。
すご~い今にも走り出しそうです
バイク1
バイク2
バイク3
凄い技術です!!
「1kg=400円の砂糖が、
手を加えることにより、何十万円するものになる。
パティシエとは夢のある職業でしょう
というシェフの言葉に納得です

あっバイクだけじゃなく、お菓子も教えていただきました。
モンタージュ
試食
試食2

最後の最後に白板にグラサージュを絞袋に入れて
龍の絵を描き始められました。
正直最初はそんなに凄いとは思えなかったのですが(失礼)
ゴムベラに持ち替えた途端、龍に魂が宿りました。
今すぐに白板から飛び出てきそうです。
龍

飴細工は一からパーツを組み立てる足し算。
それに対して氷彫刻は余計なものを削り落して行く
引き算。
設計図を描かれるシェフもいらっしゃるそうですが、
松島シェフは頭の中の設計図で氷を削っていくそうです。
やはり上記のような絵のセンスが活かされるんでしょうね。

余談ですがマリオットホテルの愛弟子キタガワくん。
勤続10年だそうですが、シェフから見たらまだまだひよっこ?
講習会の間中いじられてましたが、
そこには師弟愛があるからこそですよね
でも、10年後には凄いシェフになっておられるかもしれない
未来の巨匠ですね。
弟子

一般的な講習会とは違った内容とても楽しめました♪
シェフありがとうございました。
ご一緒させていただいた方々ありがとうございました。
鯛いただきました~(^O^)/
ご近所に海釣りが趣味という方がいらっしゃるのですが、
鯛が沢山獲れたからということでいただきました~!!
鯛
鱗取り嫌いなんだよなあと不謹慎にも思ってしまいましたが、
何ということでしょう
鱗も内臓も処理して下さってました(*^^)v
本当にありがとうございます

で、大きな鯛を前に何を作ろうかと色々悩んだのですが、
以前習った鯛飯を作りました~!!
何と豪快な炊き上がりでしょう♪
実は上手くさばけなくて、かなりざっくりなんですよね
誰かさばくの教えてくれないかな?
鯛2
鯛飯

アラは塩をしてオーブンでこんがり焼いてから
汁ものにしました。
鯛の旨味が出て美味しかったですよ(*^^)v
しる

いつもありがとうございます
色々と飛び交う・・・
先ほどの講習会はどなたでも参加できるのですが、
長年通われている方が多いので、
それこそおばちゃんたちの日帰り遠足のような
手作り物やお土産が飛び交ったりもします。

ご自宅でケーキ教室をされている方からのプレゼント!
いろんな種類のチーズを使ったチーズケーキ。
見た目もプロみたいですが、味も最高っ
こういうケーキっていかに生地を平らに焼くか、
クリームを平らに塗るかで仕上がりが全然違ってくるのですが、
いやもうパーフェクトじゃないですか
ぷれけ

とびっきりの行動力の持ち主からいただいたのはラスク。
黒糖のラスクで食べ出すと止まらないそうです。
きゃ~っ、いつパンドラの箱を開けようかな?
いつもご馳走様です
プレラ

そしてこちらもお菓子の先生からいただいたジャム♪
ラッピングも素敵
美味しいパンを用意してからいただきますね(*^^)v
ありがとうございます!!
ぷれじゃ

最後に業務連絡で無事いただきました~(^O^)/
ほどいたらあかんと言われたので、
このまま飾っておくつもりですが・・・
ほどくと何が出てくるんでしょう???
ヒントだけでもよろしくお願いします
内祝い
レモンパイ
じめじめした嫌な季節に、
と~っても爽やかな気分になるを習ってきました。

レモンパイ

2種類の仕上げ方で、何だかまったく違った感じに。
完成形
完成形2
組み立てはブリゼ+レモンクリーム+生クリーム+
スポンジ+生クリーム+スポンジ+仕上げの生クリームです。
げ~っ、生クリームばっかやん(--〆)
と思うことなかれ!!
レモンクリームの酸味があるので、
これだけ生クリームを使ってもそんなにしつこくなかったです。

「これだけでは何だかな?」とシェフが思ったかどうかは
知りませんが、シェフからのサービス品です
試食
試食2
贅沢にもメロンのショートケーキをクレープで包み、
そして更に贅沢にメロンのソースでいただくという
夢のような試食です♪

さ、さ、私の作ったケーキです(^^ゞ
私の
真っ白なケーキも清楚なイメージでいいですね

カットしてみると・・・
レモンクリームの黄色が映えますね(*^^)v
カット
なかなか美味しかったですよ~(*^_^*)
そしてこのレモンクリーム簡単なクセに使える奴です

今回の収穫はこのレモンクリームと
寝かさないですぐに焼けるクレープ生地の作り方でした☆
わらび餅
バイト先の洋菓子店のオーナーは
元々和菓子の職人だったそうです。
そのせいなんですかね?
わらび餅も置いてるんです。

和紙に書かれたわらび餅という文字は
一枚一枚手描きなんです。
なかなか「粋」でしょう
わらび餅

で、本蕨粉を使ったわらび餅がこんなにいっぱい
入ってるんですよ。
きなこは黒豆から作られた上等のきなこです(*^^)v
味は私が保証します。
絶対美味しいから~☆☆☆(☆三つです
わらび2
お召し上がりの1時間ほど前に冷蔵庫に入れ、
よく冷やしていただきますと更に美味しくなりますよ