FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
メキシコ気分♪
メキシコ&ペルー料理を習いに行ってきました!
ラテンの国は色彩が鮮やかですね~♪
全体

教室の一角には今流行りのモヒートコーナーなんてのもあり、
気分はすっかりラティーナ
モヒート

さあ、お約束の2~3日後の回答です。
これはトルティーヤをのばす道具なんです
道具

丸めた生地をクッキングペーパーではさみ、
粉

ぎゅっと押すと、
粉2

どうです、綺麗な丸になるでしょう!
粉3

フライパンで両面こんがりと焼いて、
いろんな具を巻いていただきま~す
美味しかった
タコス

さて、第2問の回答は・・・
かご2

トルティーヤ入れです。
は~っ?って顔のそこのあなた!
あなどるなかれ、これってものすごい保温力があるんですよ。
しばらくは熱々のトルティーヤがいただける優れ物なんです。
見た目も可愛いですしね
かご

んでもってデザートはペルー風プリン☆
プリン

エンゼル型で作っていきます。
プリン2

う~ん、艶々
プリン完成
普通のプリンと何が違うの???
画像だけではわかりませんよね。
実はこのプリン、プリン液をカスタードを作る要領で
とろみをつけるんです。
ということは食感がぷりんぷりんというよりは
もっちりって感じなんですね。
これはこれでとても美味しかったですよ☆
こんな作り方があるんだなって勉強になりました。
あとプリン液と仕上げにシナモンパウダーが入るところも
特徴みたいです。

おまけで私が作ったモヒート!!
やっぱり夏はミントの爽やかさがいいですね
モヒート2

メキシコやペルーはいまだ行ったことがないけれど、
気分だけでも味わえました♪
先生ありがとうございました
花
スポンサーサイト



ぬか漬け
お友達に誘っていただき、
有名料理店にて「ぬか漬け」を習ってきました。
厨房

お品が来
お漬物
実家は浅漬けしか作らなかったので
(誰かぬか漬けが嫌いだったのかな?)
ぬか漬けはやったことがないのですが、
あまりの美味しさにやってみることにしました

分けていただいたぬか床に・・・
ぬか

とりあえず畑で採れたキュウリとなすびを入れて
みました(^^ゞ
ぬか2


そしてデザートに出していただいた水羊羹
ようかん
これがびっくりするぐらい美味しかったので、
作り方を聞いてさっそく作ってみました。

すいません
ピントがボケボケです。
できは悪くなかったですが、やっぱり餡子ですかね~。
市販の餡子だったので味がもう一つだったかも。
でも、餡子作り苦手なんで・・・どうしようかな
水ようかん

ついでにぬか床を置く場所を確保するために
冷蔵庫を掃除していたら、
某料理教室の先生に分けていただいた粗味噌(?)が出てきたので、
とりあえず豚肉を味噌漬けにしてみました。
豚肉

さあ~、ぬか漬けに、豚の味噌漬けに、
出来上がりが楽しみです♪
コルドン×料理通信コラボツアー
ル・コルドン・ブルーさんと料理通信のコラボ企画

「食材探訪in和歌山」
に参加してきました(*^^)v

東京からの参加者とりんくうタウン駅で待ち合わせ。
もちろん今回も一人参加だったので、
アウェー感半端ありませんでしたが、
ほとんどの人が一人参加だったのでちょっとほっとしました。

まずは雑賀崎漁港 漁師「光栄丸」濱田光男さんを訪ねました。
漁港

本当は獲れたばかりの魚介類がずらっと
これでもかっていうぐらい並ぶ予定だったのですが、
昨日まで天候が悪かったそうで・・・いきなりのハプニング(^^ゞ
でも普段いただけない漁師料理でもてなしていただきました。
海老に鱧に太刀魚などなど海の幸が並びます。
太刀魚は一夜干しにして味を凝縮させてます。
通りで味が濃くて美味しい(*^^)v
鱧もすっごい肉厚で美味しかったですよ~♪
漁師の奥さまのお手製の酢味噌でいただきましたが、
この酢味噌がこれまた美味しんですよ。
漁師料理

鱧を煮込んだものも登場!!
こんなにいっぱい鱧が入ってるの見たことないです。
はも

で、最後は漁師の奥さまお手製の梅干しです。
最近あまりすっぱい梅干しってないですが、
これは震えるぐらいすっぱかったです
そしてこの梅があるハプニングを引き起こしてしまうのですが・・・
うめ

漁師料理に舌鼓を打った後は
和歌山食材を使った料理店「味処三八波(みはなみ)」へ。
ここの厨房をお借りして、コルドン代官山校のベルナールシェフの
ショートレッスンの予定でしたが・・・
何とベルナールシェフ梅アレルギーだったのです
で、すぐさま病院へということになったのです
そんな中お店の方の機転で、急遽鯛のアラ炊きのレッスンに変更へ。
いたさん

本当に急な事だったので、
板さんも大変だったと思うのですが、
とても見事なお仕事を見せていただきました!
致さん2

出来上がり~
濃い口とたまり醤油を半々で使っているので
いい色に仕上がってますね~♪
洗だき

アラ炊きも美味しかったのですが、
このような和歌山の食材を使って、
どのようなお料理が出来上がったのか、
ちょっと残念でした。
野菜

さ~て、お店の座敷に移動して・・・
皆さんでお昼ごはんです(^-^)
お店

旬の食材を使ったものが次々に出てきて
本当に堪能させていただきました。
どれもこれも最高に美味しかったです
料理
料理2
料理3
料理4
料理5
料理6
料理あげ
最後に和歌山ポンチも出てきました!
ぽんち
和歌山ポンチの説明はこちら・・・
和歌山県は梅、みかんをはじめとして
全国的に生産量がトップクラスの果物がいくつもあり、
このことをPRするために県食品流通課が梅と果物を使った
フルーツポンチを和歌山名物にしようとしたのが始まり。
2009年7月に県内の飲食店経営者や学校栄養士ら有志が
「全国わかやまポンチ協会」が発足させ、
「わかやまポンチ」の定義として以下の3点を決めた。
① 県産梅の甘露煮かシロップ漬けを使う。
② 一つ以上、県産の果物を使う。
③ 県産品が入っていることを消費者に示す。
(ウィキぺティアより引用)



最後に訪れたのは宇城農園さん
ここの特徴はは多品種少量栽培農園で、
いろいろなものが栽培されていました。

バスから降りて、山道を歩きながら農園に向かいます。
この日は天気に恵まれたもののすごい蒸し暑さで、
じっとしてるだけで汗が噴き出してきました。
みんな

途中に咲いてる紫陽花に思わず目を奪われます。
あじさい

山椒の実です。
ふ~ん、こんな風になってるんだ
さんしょ

で、着いた農園のまわりは見渡す限り山、山、山。
こんな山深いところで栽培されてるんですね。
山

こちらが宇城哲志さん
今栽培されている野菜について色々と教えていただきました。
熱心に説明していただき野菜に対する愛情と情熱を感じました。
今和歌山で大人気のレストラン「AIDA」さんもこちらから
野菜の仕入れられてるとのこと。
農家

これがキュウリの花です。
実は食べられるんですって、知ってました?
味はもちろんキュウリでした。
きゅうり

そして、農園に併設されているのが
最近オープンしたジェラテリア
ジェラート

店内に入ると野菜&果物を使ったジェラートが並んでます!!
ジェラート2

今回はビーツ山椒ミルク
ジェラート3
ビーツは根菜類って感じの土を感じる味でした。
色がとても綺麗でしょう
山椒ミルクは本当に合うの?って不安だったのですが、
う~んすりおろしたライムの皮が入っている感じの
爽やかな味でしたよ
お薦めです

おまけに採れたて&茹でたてのもろこしもいただきました
果物かっていうぐらい甘かったです♪
もろこし

ツアーの締めくくりは紀の川SAで買った
みかんジュース(*^^)v
酸味があって、まさしくみかんって感じのジュースでした。
美味しかったですよ
みかん

今回のこのツアーはメルマガで知りました。
コルドンの卒業生、在校生の方が中心で、
一般枠はたった10名。
まさか当たらんやろと思いながら応募してみたら
そのまさかの当選~
訳がわからないまま、おっかなびっくり参加してみましたが、
いろんな食と人に出会うことができ、
そして和歌山の魅力を知ることができ、
なんといっても一日食べ物の話しかしてないっていうのが
一番楽しかったかも♪

コルドンさん、料理通信さん、
そしてご一緒させていただいたみなさまありがとうございました。
またいつかお会いできると嬉しいです