FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
オーストラリアの紅茶
三連休ですね~♪
が、台風が来てるから雨続きで
出かけるのもおっくうになるのでは?
と思っていたんです。
でもバイト先のお店は台風関係なく忙しかったです

それにしても秋になるとなぜか栗が食べたいと
思うようになってくるんでしょうかね~?
今日は栗を使った商品めちゃくちゃ売れてました。
「モンブランはまだですか?」と聞かれたのですが、
実はとっくに売れちゃってたんですね。
しばらくは栗商品争奪戦になりそうです(^^ゞ

そうそうお店には通常お出ししているロールケーキと
季節限定のロールケーキがあるんですが、
昨日ぐらいから(?)出ている季節限定ロールが
今までにちょっとないような商品でして・・・
これがまたすぐに完売しちゃうのです。
お客様って凄いな~
やっぱりわかっていらっしゃるんですね。
「家に帰って食べたら美味しかったからもう一本!!」って
電話までかけていただいたりして(*^^)v
実はシフトが終わる5時に売れ残ってたら
買って帰ろうと思っていたのですが・・・
もうオープンしてすぐに完売でした・・・
店長味見だけでもさせてくだ~い!!

前置きが長くなりましたが、
ご近所の方からいただいたオーストラリアの
紅茶です
紅茶
紅茶2
綺麗な色でとても飲みやすかったです♪
それにしてもいろんなところに出張に行けて
羨ましいです(*^_^*)

で、私の中ではなぜかカレーにはコーヒーと
決まっているのですが
(昔からの思いこみ(^^ゞ)
この紅茶を美味しく飲むために急遽
本格インドカレーを作ってしまいました。
(なんでやねん
カレー
本格インドカレーにはやはり紅茶が合うような
気がしました。
スポンサーサイト



ヒルトン東京シェフパティシエ 坂倉加奈子氏 チョコレート講習会
秋はお勉強の季節でもありますね~(*^_^*)
というわけで、またまたお店のご厚意で
講習会に行ってきました。

講師はヒルトン東京シェフパティシエの
坂倉加奈子さん。

昨年7月ヒルトン東京初の女性パティシエに就任された
すごい方なのです!!
フランスやノルウェーで修行&活躍され、
ヴァローナの世界大会2位に入賞するという
素晴らしい経歴の持ち主です。

どんな方なのかしら?と思っていたら
この方が坂倉シェフです。
小柄でとても華奢な方でした。
(※ちなみに左はこの日助手を務められた
  ヒルトン大阪のシェフパティシエの百田シェフです。
  東西のトップが並ぶというすごい絵面ですね)

シェフたち

今回教えていただいたものは
少し前に旅をされたコロンビアをテーマにして
考え出されたものだそうです。


Mango Chili&Chocolat
(マンゴーチリ&チョコレート)
安とる目
組み立ては・・・土台から
・ココナッツマカダミアナッツペースト入り
 クリスピーチョコクランブル
・チョコレート パンジェーヌ
・マンゴーと唐辛子のコンポート
・ジンジャームース
・ミルクチョコグラッサージュ
唐辛子がかなり辛く効いてます。
かなりスパイシーな味わいで、
南米のジャングルみたいな感じ?

Verrine
(グラスデザート)
グラス
組み立ては・・・
・チョコレートパンナコッタ花山椒風味
・カカオニブクランブル
・ホワイトチョコのディスク
・カボスとシエラのクリーム
・カボスソース
柔らかい酸味のカボスが、
ホワイトチョコの甘味を抑えてくれる感じ。
花山椒はふんわりと伝わってくる程度です。

Bar Blanc
(バーブラン)
フィンガー
組み立ては専用の型にテンパリングしたホワイトチョコを流し
・エキゾチックキャラメル
・パート・ド・フリュイ
・ココナッツマカデミアナッツペースト
ライムの酸味が効いてました。
エキゾチックフルーツにはライムが合いますね。

Gateau de voyage
(ガトードヴォワイヤージュ)
だっこ
組み立ては・・・
・パータケーク
・松の実にペースト
・パータケーク
・コーヒーダックワ―ズ
・キャラメルガナッシュ
・松の実とライスパフのロッシェ
コーヒーとナッツのコンビネーション。
パータケークとコーヒーダックワ―ズの
2種類の食感の違った生地の組み合わせが良かったです!


Bonbon au chocolat
(ボンボンオショコラ)
ぼん
ジャスミンティーのガナッシュと
マイヤーレモンペースト入り。
マイヤーレモンは試食させてもらいましたが、
青苦いって感じ。
ディスプレイの仕方が素敵☆

Dessert
Inspiration en Colombie,realize au japon
デザート
構成は・・・
・サンタンデールジュレ
・ほおずきのコンポート
・エキゾチックソース
・カカオニブソルべ
・チョコレートクランブル
・マンゴーリオレ
・チョコレートチュイル
・ガナッシュキャラメル
・チョコレートソース
今回一番感動した作品がこちら。
コロンビアと日本の融合って感じの逸品。
デセールなので表現方法が多くあって、
それぞれこんな技術があるんだってとても勉強になりました。


何だかね~凄く感動しました。
コロンビアで感じたものをこんな風に具現化するんだって。
コロンビアと言えばコーヒーとチョコ。
それらを見事に日本の食材とも融合させている。
シェフの感性はとても自由で、
繊細さと大胆さ、か弱さと力強さ、その他いろんな
対極するものを一つの作品に盛りこんで行くんだな(*^_^*)
そんな凄い方に出会えたことに感謝です
いつかヒルトン東京にシェフのスイーツを食べに行こう♪
目標ができました。
ありがとうございました