FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
スイーツ講座 2012年5月
今月のスイーツ講座はパティスリー訪問!
というわけで、神戸・六甲道にある
イタリア菓子専門店プルチーノさんにお邪魔してきました(*^^)v
看板

イタリア菓子専門店ってなかなかないですよね。
とっても可愛らしいお店でした♪
お店
ショーケース

まずはスフォリアテッレから!
すふぉ
すふぉ2
はまぐりみたいな形が愛らしいですね♪
日本では販売されているところは少ないようですが、
大好きなお菓子です

こんな形状のお菓子をどうやって作っているのか
聞いてみたところ、
生地をうす~く延ばしたところにラードを塗り、
くるくると巻いていって、適当な厚さでカットします。
そして、巻いた中心部から指で押しだしていくと
こんなきれいなひだのような層ができるそうです。
そして押し出したところに
本場はリコッタチーズを入れるそうですが、
こちらではリコッタチーズに更に
アーモンドクリームも入れているとのことです。
パイとも違い、パリパリとした絶妙の食感です。
残念ながら暑い季節は作業が難しいとのことなので、
秋までお休みみたいです。

このお菓子の説明ですが
スフォリアテッラまたはスフォッリャテッラ
(sfogliatella)は、
イタリア、ナポリ地方の名物の焼き菓子。
その名称はイタリア語で"ひだを何枚も重ねた"
という意味を持つ。
アマルフィ地方の修道院が発祥であるとの説がある。
スフォリアテッレ(sfogliatelle)は複数形。
貝殻をかたどったひだが何層もある
パイ状の生地の中にリコッタチーズ、
カスタードクリームやアーモンドクリーム等を入れ、
オーブンで焼き上げる。
パリパリとした非常に硬い焼き上がりとなるが、美味。
ナポリ以外でもイタリアを代表する菓子として
高級レストランのデザートなどに登場する。
(ウィキペディアより)



その後は・・・
イタリア菓子一気盛りです(決してそんな名前ではないですが)
皿
皿2
時計回りに・・・
ソフトクリーム
コロンバ(オレンジピール入り)
 コロンバはイタリア語で鳩を意味します。
 イースターに食べられるお菓子みたいです。
パネトーネ(ドライフルーツ入り)
 クリスマスに食べられるパンです。
 パネトーネ菌が使われているので、
 そのせいで長期保存が可能らしいですよ。
 何だか簡単に作れるのかと思っていましたが、
 パネトーネ菌の扱いが難しいとのことで、
 イタリアでも家庭で作られることが少ないようです。
苺のティラミス
ズコット
 チョコクリームとヘーゼルナッツクリームの層になってます。
 クリームにはトリノのヘーゼルナッツのペーストや
 シチリアのピスタチオ、キャラメリゼしたアーモンドなどが
 入っていました。
パスティエーラ
 ナポリ地方の郷土料理で、イタリア版チーズケーキ
 らしいです。
 プチプチ感のある麦やドライフルーツ、リコッタチーズ
 が焼き込まれてます。
 とっても素朴で食べやすかったです♪
カンノーり
 シチリアのお菓子として有名です。
 パスタ生地で作られ、
 リコッタチーズ、カスタード、オレンジのはちみつ
 ドライフルーツが入ってます。
 
どのお菓子も見た目の派手さはないけれど、
どれもこれも素朴で味わい深いお菓子でした。
何だか懐かしいような気持ちにさせてくれましたね。


では、こちらのお店の説明です。
2006年9月23日、辻調の同期である木下美保と安川美穂が、
共同で新たな店をオープン致しました。
店名のpulcino(プルチーノ)は、イタリア語で"ヒヨコ"の意味。
店内は、黄色を基調としたポップで明るい雰囲気です。
お菓子のラインアップは、イタリア地方菓子から馴染みある
生菓子・焼き菓子と、幅広くご用意しております。
店内はスタンディングのカウンターの他、
オープンテラスもありますので、お気軽に立ち寄って、
お菓子とカフェをお楽しみください。
皆様のお越しをお待ちしております。
(お店のHPより)



ユキちゃん今回も素敵なお店を紹介してもらって
ありがとう
とっても楽しい&美味しい講座でした~♪



プルチーノ (Pulcino)
TEL 078-856-0777
住所 神戸市灘区森後町1-3-19
   リトルブラザーズ六甲ビル 1F
営業時間 11:00~19:00
カフェラストオーダー18:30
定休日 毎週月・火曜日

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanamutsu.blog100.fc2.com/tb.php/1283-5290a6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック