のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松島義典シェフの講習会
今回も誘っていただいて講習会に行ってきました(*^^)v

講師は氷彫刻で有名な松島義典シェフです。
シェフ
シェフは現在名古屋マリオットアソシアホテルの
製菓料理長を務められております。
そして2003年のク―プ・デュ・モンド団体2位、
氷彫刻部門第一位などの華麗な経歴をお持ちです。
でも、講習会で初めてお目にかかるシェフは
大阪生まれ、大阪育ちのめちゃくちゃ面白いおじ様でした。
技術もそうですが、話術がすごいなって思いましたね。

さすがに氷彫刻はなかったのですが、
飴細工の実演をしていただきました。
お花とかを作られるのかな?と思っていたら、
何やら華やかさからはかけ離れた
男前なパーツ類が並んでます。
タイヤ
エンジン

で、完成がこちら。
すご~い今にも走り出しそうです
バイク1
バイク2
バイク3
凄い技術です!!
「1kg=400円の砂糖が、
手を加えることにより、何十万円するものになる。
パティシエとは夢のある職業でしょう
というシェフの言葉に納得です

あっバイクだけじゃなく、お菓子も教えていただきました。
モンタージュ
試食
試食2

最後の最後に白板にグラサージュを絞袋に入れて
龍の絵を描き始められました。
正直最初はそんなに凄いとは思えなかったのですが(失礼)
ゴムベラに持ち替えた途端、龍に魂が宿りました。
今すぐに白板から飛び出てきそうです。
龍

飴細工は一からパーツを組み立てる足し算。
それに対して氷彫刻は余計なものを削り落して行く
引き算。
設計図を描かれるシェフもいらっしゃるそうですが、
松島シェフは頭の中の設計図で氷を削っていくそうです。
やはり上記のような絵のセンスが活かされるんでしょうね。

余談ですがマリオットホテルの愛弟子キタガワくん。
勤続10年だそうですが、シェフから見たらまだまだひよっこ?
講習会の間中いじられてましたが、
そこには師弟愛があるからこそですよね
でも、10年後には凄いシェフになっておられるかもしれない
未来の巨匠ですね。
弟子

一般的な講習会とは違った内容とても楽しめました♪
シェフありがとうございました。
ご一緒させていただいた方々ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanamutsu.blog100.fc2.com/tb.php/1703-459fecdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。