FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
タイ 三日目
この日も朝早くに起床
私たちは夫の生活を見るのが目的で、
ゆっくりするはずだったのですが、
相変わらずのハードスケジュールです
うちの家族旅行とにかく動き回るのが特徴で、
1泊2日で行くとしたら3泊4日ぐらいの内容が
あります。
タイでもあんまり変わってな~い^_^;

さて、列車が来ると大急ぎで市場のテントがたたまれ
商品を撤収するというところがあるから
それを見たいと子どもが言うので、
車で約1時間半だったかはるばる行ってきました。

詳しい説明はこちら
折り畳み市場といわれる
とても変わった名所メークロン市場をご存知でしょうか。
バンコクから西に130kmほどのサムットソンクラーム県の
国鉄メークロン駅前の線路の両脇にあるメークロン市場は
線路まではみだして商われております。
商品は線路の上に置かれておりますが、
列車が来ると各店テントの屋根を一瞬にして畳んで
商品を引っ込めてやり過ごし、
列車が通過してしまうと何事もなかったかのように
屋根を素早く元に戻し、再び商売を始めます。

(バンコクナビより抜粋)

駅に着いたらこんな感じ。
一日3往復しか列車が来ないひなびた感じの駅。
線路2

線路の上を歩いていくと・・・
線路

えっ、もしかしてこれが市場
思いっきりテントが覆いかぶさってますけど。
人がすれ違うのがやっとなぐらい
両側に商品が並べられてます。
線路3
線路4
生の魚や蟹が売られてますが、
匂いが凄くて・・・ちょっと参った
線路6
線路5
なんだっけ?

それにしてもここって有名な観光スポットだったんですね。
列車の通過時刻が近づくと、
どこからこんなに人がっていうぐらいあちらこちらから
観光客が集まってごった返してました。

さあいよいよ列車が来ますよ~!
アナウンスと共に係の人(?)が旗を持って
観光客の人が安全なように誘導し始めます。
で、市場の人は大急ぎでテントを畳み、
商品を少し線路から遠ざけます。
線路7

電車4
電車2
電車

本当に商品ギリギリのところを列車が通過してます。
そしてその後はまたたくまに元通りに。
こんな市場たぶんここだけなんでしょうね。
線路8

列車が駅に停車中。
列車旅ものんびりしていいかもしれないですね~♪
線路9

この後はダムヌン水上マーケットへ。
バンコクから南西約80kmのところに位置する
文化保存と観光用に開発された水上マーケット。
新鮮なフルーツや野菜、肉、魚介類などを山積みにした
小舟が運河を所狭しと行き交い、
景気のいい売り声が飛び交っています。
早起きして午前9時頃までに見学したいものです

(タイ国政府観光庁のHPより抜粋)

まずはボートに乗って出発です!
タイの人と外国の人とでは料金が違いました。
手漕ぎのボートもありますが、
夫の厚意で屋根付き、エンジン付きのボートに♪
それにしても水の色が凄い!!
そして匂いが凄い!!
水上

こんな風に船でいろんなものが売られているので、
気になる船に近づいて買い物をします。
何か食べるものを買いたかったけど、
売ってるものがよくわからなかったので、
結局何も買えず・・・。
水上2

途中半強制的にお土産物屋さんに下ろされるので、
何となく買い物することに。
キャラメルかな?凄い量です。
水上4
水上3
船から見てると果物の木がたくさんありました。
これは何の果物だろう?
水上5
本当はこの水上マーケットで昼ごはんを食べるはずが、
やっぱり子供には無理らしくお昼抜きになりました。
お土産屋さんには食堂もありましたが、
子供が好きなファーストフード的なものは皆無でしたね^_^;


観光を楽しんだ後は再びバンコクへ。
午前中とは全く違う、少し前に市内にできたという
高級百貨店に行ってきました。
ハイブランドがたくさん入ってましたし、
食料品売り場もかなりのお値段してましたね(*^_^*)
サイアム

その中にあるスタバで休憩。
抹茶フラぺチーノ・・・美味しい 落ち着く
サイアムスタバ

朝アパートを出てからご飯を全然食べてなかったので、
7時に予約してあった夕御飯を4時過ぎに前倒しすることに。
続くぅ~
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanamutsu.blog100.fc2.com/tb.php/2327-72138f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック