のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワの講習会 2015
今年はやはり異常気象ですかね(>_<)
一日中暑い、暑い、暑い^^;
最近いろんなものに手を出しているため
なかなかブログ更新できません。
記事の鮮度が落ちておりますm(__)m

さて、もう先週のことになりますが、
クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワさんの講習会に参加してきました。
テーマは・・・
「フランス伝統菓子とシェフのスぺシャリテ」
~南フランス~


まずは、パティスリー・ドゥ・シェフ フジウの藤生シェフから
開会のご挨拶。
今年もお会いできて嬉しかったです(*^_^*)
はじまり

今年は開会の時間が早まったということもあり、
何とブーランジェリー・ビアンブニュの大下シェフから
サンドウィッチ2種の差し入れが~
どちらも美味しかった♪
大下サンド
大下パン

司会進行はこちらフランス菓子研究家の大森由紀子さん
大森さん
とってもエレガントな方なのですが、
性格はかなり男前というか恰好いいのです。
早くから会場の前で待つ私たちのことを心配して下さったり、
「みんなで盛り上げていこうね~!!」と声をかけて
下さったり、さすが気配りのできる方は違いますね。


まずはトップバッターの
フランス菓子 トワグリュの三鶴シェフから。
日本の歴代ガレットチャンピオンです。
みつる

こちらのジェラートは
三鶴シェフのフランス時代の思い出の一品。
グレープフルーツとバジル♪
さっぱりとして口当たりが良かったです(*^_^*)
ジェラート

教えていただいたのは
トロぺジェンヌ
みつるさん
みつる作品
みつるさん2
南フランスではポピュラーはお菓子。
バターがたっぷり入ったブリオッシュ生地に
クレームパティシエールと
フランボワーズぺパンをサンド。
仕上げにパールシュガー。
とてもリッチな仕上がりですね。

タルト ピニオン
みつる小舟
みつるちゃん
舟型に成形したパートシュクレに
キャラメルソースをからませた
松の実、ピスタチオ、セミドライアプリコを入れます。
シンプルだけどナッツの旨味をダイレクトに味わえました。
美味しかったな(●^o^●)


そして第12回ガレット・デ・ロワコンテスト優勝者
ラ・テール洋菓子店の濱田 舟志シェフ
ガレットシェフ
優勝者のデモストレーションはシェフの皆さんも
気になるようでした。

シェフにはいろんな小道具があるようで、
写真のものは100均で買ったらしいです。
ガレット道具

たぶん生クリームのパックの再利用?
工夫されてますね。
ガレット道具2

で、見事なク―プを描かれたのですが、
う~ん、毎回カメラ泣かせなのです(>_<)
ガレットでも

で、見事なガレット出来上がり~
ガレット
試食でいただきましたが、
アーモンドの風味がとても良く美味しかったです♪
ガレット2

さて、お次はイグレックプリュスの多田シェフ
多田

今回教えて下さるのは
ガレット オランジュ ショコラ
多田シェフの指が何を意味してるかというと・・・
多田指

バート サブレ ショコラの生地の成形について
指を使ってこんな感じで整えていきます。
多田でも

滅多に見ることができないのか、
大森さんも思わず近づいてパチリ
多田大森

オレンジコンフィ入りガルニチュールを絞り入れ、
多田手順

ダッコワーズ ショコラを絞ります。
多田手順2

最後はダイヤ形にカットしたコンフィ オランジェを飾って
焼成へ。
多田手順3

「ドヤっ!!」って感じの笑顔がたまりませんね。
多田笑顔
多田作品マニア

続きまして二品目は・・・
ナベット フランス語で小舟という意味だそうです。
う~んオレンジのゼストが入ったクッキーみたいなもの???
多田切り込み

小舟型に成型して、真ん中にナイフで切れ目を入れて
完成です。
素朴だけど、噛めば噛むほど味わい深いお菓子ですね。
多田鍋っと


モンプリュの林シェフ
林シェフ

教えて下さったのは・・・
ブラ・ド・ヴェニス
ヴィーナスの腕という意味だそうです。
林シェフでも
別立てのロール生地にシロップをうち、
それでクレーム パティシエール シトロンを巻き、
アプリコットジャム→アーモンドスライス→
パールシュガーでモンタージュします。
林シェフでも2
あんまり美味しいと思わないって仰ってましたが、
とても美味しかったですよ。
ふわふわの生地に爽やかなレモン風味のパティシエール。
林作品


トリはもちろん藤生シェフ
藤生シェフ
藤生シェフ2

教えていただいたのは・・・
フォンダン カンディ
藤生シェフ3

こんな風に同割のコーンスターチと粉糖に
絞りいれ、また上から上記の粉で蓋をして作ります。
なかなかお目にかかれない一品です。
道具もシェフの自作だとか。
藤生でも

デモはバナナとオレンジ味でしたが、
試食は苺、ブルーベリー、メロンでした♪
シンプルだけど美味しかった(*^_^*)
藤生作品
藤生作品2
藤生作品3

さあ全てのデモが終わりました。
一旦会場を退出して、試食&懇親会へと続きます。
藤原
懇親会ではいろんなシェフとお話できるので、
ちょっと記念に同い年コンビなどなど(*^^)v
もちろん兄弟愛溢れる一枚も♪
兄弟愛

さあ、試食タイムです♪
ガトー・ド・ボワの林シェフからも
サンマルク フロマージュ アナナス
ボワ
ボア2
夏向きのさっぱりといただけるサンマルクでした。
美味しかったです♪

他にもデモされたものの試食がてんこ盛り(●^o^●)
試食だよ
試食ちゃん
私も山盛りいただきました
試食もりもり

チーズの試食もあったのですが、
このチーズ本当に美味しかったです!(^^)!
チーズ
チーズ2


モンタージュはいつも通り最高☆
どうしたらこんな風に素敵にできるのかな。
全体


最後は皆さんで記念撮影。
全体写真
全体的2

今年も参加できて本当に良かったです。
今回のチャンピオンのガレットをいただくことができたり、
今まで出会ったことのないフランス地方菓子に出会えたり、
毎年こんなに楽しいイベントは他にないと思うぐらい。

このイベントでしか会えない人にも会えたし
久しぶりにお会いできて嬉しかったです♪

シェフの皆様ありがとうございました&
お疲れ様でした
ご一緒させていただいた皆様楽しかったです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanamutsu.blog100.fc2.com/tb.php/2467-5e4a9498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。