FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
イ・ルンガ
私は月に一度イタリア料理を習いに行ってますが、
そのお教室の先生の発案で、
今奈良で話題のイタリアンレストラン「イ・ルンガ」へ行ってきました。

このお店は雑誌で頻繁に取り上げられているので、
予約を取るのが至難の業で・・・
私も何度か挑戦しましたが無理でした。
知らなかったんですけど、
その月の初めに翌月の予約が開始されるとか・・・。
やっぱりすごい人気なんですね。

シェフはイタリアで修業された後、
東京にお店を構え活躍されていた
すごいシェフだそうですよ。

イ・ルンガ 門2
イ・ルンガ 門
建物はまるで忍者屋敷に忍び込んだような感じ。
外観からここが有名なイタリアンレストランだなんて
ちょっとわかりません。
お庭も素晴らしかったですよ。
普通の席もあるのですが、今回は個室に案内していただきました。
ちなみに茶室もあるらしいです。


・一口アミューズ
 「キハダマグロのカルパッチョ 
  カリフラワーのタルタル」
一口アミューズ
マグロにはゴマとコリアンダーがまぶされて、
少し香ばしさを感じます。
カリフラワーの存在感がすごかったですね。
ソースは白バルサミコで、結構濃厚。
ちょっと白醤油を彷彿させます。

・前菜 一皿目
「牛肉の岩塩包み焼き」
お肉
岩塩だけでなく、ハーブなども使われているとか。
あっさりとしてました。
器が涼しげで、目でも楽しめますね♪


・前菜 二皿目 
「トルティーノ」
キッシュ
キッシュって感じですね。
パータ・フィロみたいで、サックサクでした。
中には菊イモ、キャベツ、グリーンピース、
ホワイトアスパラなどの野菜がたっぷり。
菊イモって初めて食べるんですけど、
筍みたいなシャキシャキした食感にびっくり!
ソースはパルミジャーノチーズのソースで濃厚です。


・プリモピアット
「ロンブリケッリ ラグークラシコ」
パスタ
ロンプリケッリというのがパスタの種類です。
先生がおしゃっていた
「讃岐うどんのようにコシがあるので、作るのが大変」
というのがわかるぐらい・・・うどんでした。
ソースはミートソースっていうとわかりやすいかな?
でもとっても手間のかかった奥深い味でしたよ。

・セコンドピアット
「金目鯛のオーブン焼き」
メイン
オーブンでカリッと焼き上げられた鯛の下には
エビから出汁を取ったアメリケーヌソースが。
あっさりとした鯛に濃厚なソースがからんで
複雑な美味しさがお口の中に広がります。


・パン三種
パン三種
フォカッチャ、ブリオッシュ、
くるみとはったいこのパン


・お口直し
「レモンのグラニテと夏みかん」
シャーベット
とっても爽やかな組み合わせ。
夏みかんって酸っぱいから苦手だと思い込んでたけど、
こんな食べ方だといくらでも食べられます。


・ドルチェ
「ヨモギのパンナコッタ」
ドルチェ
どんなドルチェなのかと思っていたら
おいおいヨモギってと心の中で突っ込んでました。
でも、合うんですよ~。
ヨモギの青臭さがかえって鮮烈な感じ。


・小菓子
プティフール
5種類もあって、食後のおしゃべりを楽しみながら
ついつい手が伸びます。
正直料理がどんなにおいしくでも、
ドルチェがしょぼいとがっかりしていまうんですよね。
反対に料理が少々・・・でもドルチェが美味しいと
なぜだか豊かな気持ちになれるんです。

紅茶



このお店はピエモンテ州のお料理なので、
一般的なイタリアンのイメージとは違う感じでしょうか?
トマトソースやバジルなどはほとんど出てきません。
イタリアは州それぞれの独自性が強いので、
州によって料理もかなり異なりますと
先生から教えていただきましたが、納得、納得!

それからシェフを魅了している奈良の野菜
新鮮で安全な野菜が料理にたっぷりと使われているのも
このお店の魅力なのではないでしょうか。

今回は6名で、美味しいお料理をいただきながら
いろんなお話で盛り上がりました。
こういうお教室に通うと、
普段自分が出会うことがないであろう人と出会える、
そしていろんな人の人生、生活、考えとも出会える。
料理だけでなく、そういった楽しみもあるんですよね♪
先生も、先生が作り出すお料理も、お教室の雰囲気も
すべてが魅力的な教室なもので(^_-)-☆

・店名: リストランテ イ・ルンガ
・所在地:奈良県奈良市春日野町16番地
・TEL:0742-93-8300
・営業時間:11:30~14:00、18:00~22:00
・定休日:不定休


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanamutsu.blog100.fc2.com/tb.php/496-5998016c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック