FC2ブログ
のりりんのキッチンから
料理とお菓子を作ることが大好き♪もちろん食べることも大好き♪ 家にいる時は台所にいてる時間が一番長いかな? のりりんの作ったもの、食べたものを中心に、日々のいろいろな出来事を綴っていきたいと思います。
ラ・バッロッタでお料理教室♪
毎月通ってるイタリア料理教室の先生が
大阪のイタリアンレストラン
ラ・バッロッタでのお料理教室を
企画して下さいました。
教室とはまた違ったプロの技を見れるとあって
ワクワク、どきどきで行ってきましたよ。

お店はカウンター7席、テーブル二つの
こじんまりとした感じです。
厨房

まずはソースを作っているところ。
この台全部が熱源なんですよ。
(ガスだったっけ?)
どこに乗せても加熱できるってすごいですよね。
先生も欲しいとおっしゃってましたが、
私も自宅にあったら、もっと料理がスピードアップ
するのにな~♪
カモ ソース

こちらは鴨肉の下処理です。
まずは毛抜きで残ってる毛を抜きます。
カモ 毛抜き

筋もしっかりとります。
カモ 筋取り

あとは表面全体をしっかりと焼いていきます。
鴨のような片方が全面皮の場合、
皮8;身2ぐらいの割合で焼いていくそうです。
カモ 焼き


こちらはジェノベーゼソースをミキサーで
作っているところです。
シェフはミキサーを多用するので、
もう何台も壊しちゃったそうですよ。
じゃのベーゼ

いよいよ手打ちパスタの仕上げです。
今回はトロフィーと言う意味の
トロフィエというパスタを作っていきます。
まずは生地をうすくのばして
麺

細長く切っていきます。
麺 2

それをさらに細長く手でのばし、
麺 3

約1cm幅にカットしてきます。
麺 4

で、ぎゅっと前に押し出して、
麺 5

横にきゅっとひねります。
この時に指と指の間のくぼみを使うのが
コツなのかな?
麺 6

これでパスタの完成です。
シェフは簡単にやってみせてくれましたが、
かなり難しいようですよ。
試しにスタッフの男の子がやってくれましたが、
こんな形にはなりませんでした
麺 7
麺アップ

たっぷりのお湯でゆでて
(塩はお湯に対して1%です。)
麺 8

ソースをからめて出来上がり♪
麺 9


ドルチェのズコット作りです。
これは若いスタッフの男の子が担当です。
さんざんシェフにいじられながらも
がんばって作っておられましたよ(^_-)-☆
二色の生地をこんな風にボウルに張り付け、
シロップを塗っていきます
ズコット 1
ゆるめにたてた生クリーム(45%)に
ドライフルーツとナッツを入れ、
ボウルに流していきます。
ズコット 2
ビスキュイをのせて
(これを入れることによって強度の補強になります)
ズコット 3
チョコを入れた生クリームを流し、
ズコット 4
ビスキュイで蓋をし、まわりの生地をカットして
ラップをして冷蔵庫で寝かせます。
ズコット 5

このお店はシェフと見習い?の若い男性スタッフ、
とっても綺麗な女性スタッフの三人でされてます。
シェフはとってもワイルド系で、トークもお上手♪
説明もわかりやすくていっぺんにファンになりました
料理への半端ない情熱と哲学を感じましたね~♪

さてさて、習ったお料理をいただきましょう

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanamutsu.blog100.fc2.com/tb.php/712-71f499c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック